Categories
TOKYO 建築

宮下パーク、渋谷ストリーム、パルコ、スクランブルスクエア

6 months

5 minutes read

中垣:宮下パークできたじゃないですか。あれ、建築界隈というかカルチャー界隈が「昔の猥雑さが~」とか言うんですけど、実際に行ってみると全然今の方がよくて

CONCEPT

卵とキャラメルが出会って、プリンが生まれた。
出会いって、愛。組み合わせって、未来かも。
公園の下に、ハイブランド。
ハイブランドの横に、飲み屋横丁。
ホテルも珈琲屋もレコードショップもギャラリーも、
混ざってくっついたらどうなるんだろう。
ごちゃっと自由に、ここは公園のASHITA。
その全部があたらしくなった、MIYASHITA PARK。
さあ開業、開園です。
ニンゲンも風も花も鳥も、どうぞいらしてください。

Source: MIYASHITA PARK

この頭悪そうなコンセプト文考えた人、怒らないから手を挙げてください

CONCEPT – MIYASHITA PARK

松田:間違いない笑

中垣:以前の渋谷のあの辺り全然好きじゃなかった。何もいいところがない汚いだけの場所だったし…

大森:あとね、猥雑さに対してはノスタルジーが強烈にはたらくんだよね。今猥雑だったら行くとカツアゲされるかもしれないけど、昔の猥雑さは行かなくても楽しめるじゃん。「今日の渋谷は勢いがあり過ぎておれボコボコにされちゃったわ笑」とか嫌じゃん。

ノスタルジーあふれる古きよき宮下公園周辺

渋谷区渋谷(3)、宮下公園(改訂版) – 散歩と旅ときどき温泉

中垣:そうですよね。そんなん言い出したら90年代のセンター街なんて、それこそまともに歩けなかったわけじゃないですか。

大森:そうだよね。いざ自分がその世界にいたら、結構辛い思いするよね。

中垣:だから、猥雑さがいいって思ってる連中は全員西成に行ってくれたらいいんですよ。「お前の好きなのはここだよ」って。

松田:笑

大森:渋谷の猥雑さもそうだけどさ、そういうこと言うのってだいたい当事者っぽくない人だよね。

中垣:うんうん。

松田:お前は昔のよかった渋谷で何してたの?ってね。そこから離れて初めて肯定できるものなら、いずれにせよ渋谷は今のままで大正解やんって話もある

中垣:確かにね。「おかげで昔の渋谷を好きになった、ありがとう今の渋谷」ってね。

大森:確かに笑

松田:渋谷に関してはもうそれでいいよ。

大森:一方で、チェーン店ばかりになって個人商店がなくなっていくのもこれはつまんなくて、街の美化に関してはなかなかスタンス取りづらいなっていうのを最近は思ってる

中垣:ちょっと話は違うんですけど、僕の卒論は商業施設における街路性っていうテーマだったんですね

大森:はいはい。

中垣:いわゆるショッピングモールが初めてできたのは二子玉川の高島屋SCで、そこから郊外に大型のショッピングモールが立地するようになって、で、また駅に戻ってきて、ルミネとかアトレとかが建ち出したっていう経緯があるんですね。

中垣:で、これまでは街の中に商店があったのを、言ったらショッピングセンターは建物の中でそれを再現したと。そう考えると、その建物の中の道は実は街路なんじゃないかって

分かった、宮下パークにホームレス住まわせたらいいって話?

大森:うんうん。

中垣:で、最初はただの廊下みたいなものだったのが、どんどん発展していって、街を歩いてるときの日差しの感じとか、真っ直ぐな廊下だけじゃなくていい感じの隙間もあるとか、そういうカオス的感覚が商業施設の中でも実現できてきてるんじゃないかっていう内容だったんですけど。

大森:はいはい。

中垣:で、渋谷のストリーム、僕あれが超好きなんですよ。あそこ、そもそも2階までは外壁がなくて空気が全部抜けてるんです

渋谷ストリーム
Image: 新建築.ONLINE

渋谷ストリーム – 新建築.ONLINE

大森:あ、そうなんだ。

中垣:だから外の気温を感じられたり、あと搬入口がどうなっているのか、飲食店の入り口の前に納入された食材の箱が置いてあったりするんですよ

大森:へー。

中垣:あとは南に行くにつれて道がだんだん狭くなってて、そういう地点によって空間の広さの感覚が違うのも、結構優れてるなと思って

渋谷ストリーム フロアマップ 2階
Image: SHIBUYA STREAM

FACILITIES – 渋谷ストリーム

大森:それで言うとさ、宮下パークも商業施設として見たらかなりおもしろいよね。だから文句言ってる人って、施設そのものに対してじゃなくて商業施設化したことに文句言ってるんだよね

中垣:そうそう。ストリームいいなぁって思ってたら宮下パークができて、これも超よくて。今の用途制限とか耐震基準とかの条件の中で建てるには上出来なんじゃないかって。

大森:その点、スクランブルスクエアは超つまんないよね

松田:確かにあれはおもしろくない笑

中垣ただの箱ですよね。ドクラシック。

OLにド直球で訴求するスタイルは嫌いじゃないぞ

渋谷スクランブルスクエア

大森:でも聞いててなるほどと思ったのは、おれコロナ前までヒカリエのオフィスで働いてたんだけど、ヒカリエにもストリームにも、ここは中なのか外なのかちょっと微妙だなって場所が結構あって、今そういうのが流行ってんのかなって。外部と内部を曖昧にするような設計が

松田言うたらパルコもその感はあるよね。真ん中抜けてるし、ベルベルジンのある辺りとか完全に外やし。

渋谷 パルコ
Image: 新建築.ONLINE

渋谷 パルコ・ヒューリックビル – 新建築.ONLINE

中垣:あー、確かに。

大森:そっちの方がビジネス的にも都合がいいのかもしれないね。回遊しやすいとか、滞在時間が伸びるとか。

中垣:まあ真夏とか真冬とかは居心地悪いし、夜中の警備とかも大変だし、やりたくない理由がいっぱいあると思うんですけど…

大森:それでもそうするっていうのはなんでなのかな。

中垣:そこはやっぱり、いい理由なんじゃないかというか…

松田:ハートやね。

大森:笑

松田:てかさ、真夏と真冬は居心地が悪いって言うけど、それが案外いいんじゃない?

中垣:あー、まあ店に入ったら快適やしね。

大森:なんなら逃げ場として店に入るわけじゃん…いや、そうじゃん。そういうことなんじゃない?

中垣:笑

大森暑いと思ってpatagoniaに入って、バギーズの新色買っちゃう

松田:そう言えば大森さん、今期バギーズのマンゴーとウルトラピンク買ってたじゃないですか。その2色はちょっとやらし過ぎません?

大森:やらしいって何?笑

2020年9月10日
Aux Bacchanales 紀尾井町


宮下パーク
Image: Wikipedia

立体都市公園制度を渋谷区内で初めて活用し、渋谷区と三井不動産がパートナーとなり再整備されたMIYASHITA PARK。1966年に東京初の屋上公園として整備された渋谷区立宮下公園のレガシーを引き継ぎ、公園、駐車場、商業施設、ホテルが一体となった低層複合施設。
幅広い飲食店が入居しており、併設のホテルには一室14㎡からの安価な部屋も設定されているなど、渋谷に訪れても居場所を見出しにくい若者にとって、アンカーポイントとなるポテンシャルのある設計となっている。