Categories
TOKYO

シブメンとセンマ

2 years

1 minutes read

松田かつて渋谷には渋メンと呼ばれる高校生達がいて、みんなの憧れの的やったみたいな話を聞いてんけど。ミクシィ全盛期の頃。

ちさと:あー分かる。いたね、センマにいたやつでしょ

みなと:なんかあったね。うちの高校のチャラ男も行ってた。センマとかバーキンとか

Image: 渋谷マップ

よけい:なにそれ?

ちさと:センター街のマック、あとバーガーキングも?その辺がメッカになってた

よけい:いつ頃の話?

みなと僕らが高校一年とか二年のときがピークじゃなかった?

ちさと:その頃にセンマが改装されたんじゃなかったっけ。全国のマクドナルドが改装して壁面にHAPPYって書いてある感じの内装に変わっていった時期で、それで以前のアングラ感が失われて、シブメンもいなくなったって感じだよね

ちさと:なんかセンマに限らず当時のマックってどこもアングラ感あったみたいで、社会学者が沖縄について書いた本で読んだんだけど、例えば無職のおじいちゃんとか、そういう社会の最底辺層が集まるマックが那覇にもあったらしい

松田:それなんて人の本?

ちさと:岸政彦って人。

Image: Amazon.co.jp

岸政彦『はじめての沖縄』新曜社→

2019年8月9日
東京ミッドタウン