Categories
ファッション

Cippyのブレスとクロムハーツのネックレス

8 months

4 minutes read

松田:このあいだ新しくインディアンジュエリー買ってんな。アメリカに住んでるアーティストに、「これ作って」ってメールオーダーして。

中垣:まじ?

松田:2chではそのアーティストはオーダーを受け付けへんって話やってんけど、ほんまかいなって思ってメールしたら秒で返事きて、すぐに作って送ってくれた

西川:へー。

河東:そいつは一瞬で何万円も稼ぎ出すんやな。カッコええな。

松田:それでもね、日本のディーラーで買ったら直のオーダーの2.5倍くらいはすると思う。

中垣:そうなんや。

河東:なんていう人なん?

松田Cippy Crazy Horse、河東やったら知ってるやろ。

Cippy Crazy Horse
Image: CIPPY CRAZY HORSE

河東:え、Cippy Crazy Horseってさ、作ってくれとか言える人なん? てかメアドとか持ってんの?

はい偏見

中垣:笑

河東:おれ、インディアンジュエリーの人はこれしかないと思っててんけど。

O. T. Branson『Indian Jewelry Making』
Image: Amazon.co.jp

これ

西川:笑

河東バイヤーがはるばる訪れて初めて買えるもんやと思ってた

松田:Cippyはあれやんな、5年くらい前に三代目の方々が着けてたせいで流行ってたね

Source: avex/YouTube

偏差値0のMV、超好き

中垣:へー。

河東:よくネックレス着けてたよね。

松田GOD TRADINGっていう日本でもトップクラスのディーラーが恵比寿にあるねんけど、一時期ここがガンガン売ったせいでCippyはもう必死で作ってたと。

中垣:はいはい。

松田:だから、当初は自分で銀を溶かして元になる素材を作っててんけど、途中からはありもんのシルバーシートから切り出して作るようになってしまったと噂されてる

中垣:ほー。

松田:ブームが過ぎ去った今は心穏やかに作ってんじゃない? まあ知らんけどな。

河東:せやけどようメールしたね。

松田:インボイスには絶対に30ドルって書いてくれとまで言ったからな。おれは関税を払いたくないからって。

西川:そこまで言ったんだ笑

河東:OKって言われたん?

松田:うん、「もちろんだよ」って。

中垣:笑

西川:届くの楽しみだね。

河東何作ったん? デザインモチーフみたいなん伝えたん?

松田:ブレスレット。彼の有名なデザインがあるから、それをベースに細かいところはこんな感じで、って伝えた。ラジアルカフって言って、だいたいこんな感じやねんけど…

西川:かっこいい。

河東:え、めっちゃかっこいいやん。おれも買おうかな。

松田:これ一個一個のスタンプが全部手打ちやねんな。ほんで難しいところで、Cippyはこのデザイン自体はよく作るねんけど、売ってる店によって気合の入り方が違うような気がするねん

松田:これみたいに同じスタンプを並べて打つとき、間隔がちょうどよく等間隔じゃないとあかんねんけど、物によっちゃ間隔が結構広いやつもあるわけ

中垣:はいはい。

松田:で、やっぱり有力なお店ほど間隔が絶妙で均等なやつを揃えてる気はするよ。逆に中途半端なディーラーからのオーダーなら、ぞんざいな気持ちでスタンプ連打することもあるんかなって。

西川:笑

河東:松田ちゃんと言った? 「詰め詰めで作れよ」って。

松田:そんなん言わんよ笑

中垣:サイズとかも言うん?

松田:そうそう。おれは腕がかなり細いから、そこも結構重要なとこやな

松田:それよりさ、河東のそのダガーのネックレス見せてや。

河東:あー、これ誕プレでもらってん。でもまだ慣れてなくて外すん時間かかるねんな…一生着けとくしかないんかもしれん

西川:笑

松田クロムハーツはやっぱダガーがいいよな

西川:だがー?

河東:この剣みたいなモチーフをダガーって言うねん。他にも十字架とか、いろんなモチーフがあるねんけどな。

西川:へー。

河東:おれが自分で選んだらクロスとかになると思うねん、だってダガーって結構チャラいしさ。でもこれをもらったことで、おれはちょっとラギッドな気持ちになれてるねん。結構嬉しい。

中垣:あー、確かに。小ぶりでいいね。

松田:ほんまやな。

河東:松田はなんでダガーモチーフがいいと思うん?

松田:えっとね、なんて言うんやろ、クロスとかCHプラスのモチーフってありきたりというか、似たようなデザインならどこが作ってもそこそこかっこよく仕上がる気がするねんな

とは言えやっぱりクロムハーツは別格。レナード・カムホートはマジもんの天才。

松田:でもダガーはそうはいかんわけ。ダガーっていうモチーフをええ塩梅にデフォルメしてジュエリーに落とし込んでるのは、クロムハーツならではやと思うよ

河東:あ、分かる。どうせクロムハーツを着けるなら、これがシャツの下から出てくるのが絶対に乙いんやろうなと思うわけよ。

彼女からの誕プレらしいです。羨ましいですね

松田:ダガーはね、絶妙なバランスで作らへんかったら全然かっこよく見えへんと思うねん。クロムハーツはダガーのポテンシャルを100%引き出せてるよ。

河東:うん。これを首にぶら下げてた昨日の夜、おれの下半身はまさにこのダガーやったよ

西川:笑

中垣:全然上手くないで。

河東:でもクロムハーツくれる彼女ってすごいよな。

松田:いやほんまに。

中垣:なんぼすんのそれ。

こらこら

2020年7月10日
Aux Bacchanales 紀尾井町


カール・ラガーフェルド クロムハーツ
HeaderImage: VMAN

クロムハーツの熱狂的なファンであるカール・ラガーフェルドの手元。フリーランスのデザイナーがクリエイティブディレクターとしてメゾンのデザインを担当するというスタイルで成功し、その後ベルナール・アルノーにも模倣されることになる、老舗メゾンに外部のデザイナーを招きブランドをリニューアルするという手法を生み出した。「モードの皇帝」とも呼ばれている。
「10本しかない指に26個のリングをはめるのは “pure and delightful amusement” だ」とまで言っており、毎朝出がけにはクロムハーツの指輪の山から適当にピックしたものを指にはめ、さらに予備を適当に掴んでポーチにぶち込んでから出かけている。