Categories
音楽

今のJ-Popはすごい

1 year

3 minutes read

中垣今のJ-Popはまじですごいよ。結構すごい時代やと思ってる。

次郎:うんうん。

中垣:今すごいJ-Popアーティストを挙げると、あいみょんすごい、米津玄師すごい、King Gnuすごい、あとOfficial髭男dismもすごい。まあプロモーションの仕方とか、むかつくところもあんねんけど、なんしかクオリティが高過ぎて。

松田:へー。

中垣:最近ちょっと話題になっててんけど、海外のハモネプみたいな、ペンタトニックスってグループがあって…

次郎:あー、はいはい。

中垣そのペンタトニックスが、Official髭男dismのPretenderって曲をカバーしたのね。どっちもシャバいグループやから、あんまりこう大っぴらには言いたくはないねんけど、それでもまあすごいと思うねん。カバーしたこと自体もすごいねんけど、そのカバーしたバージョンを聞いて思ったのが、カバーのクオリティ以前に、まじでこれ洋楽レベルですごい曲やなって

Source: PTXofficial/YouTube

松田:へー。

中垣:日本の音楽が洋楽を真似てたのって90年代くらいまでで、00年代くらいから日本人があんまり洋楽を聞かなくなって、日本独自の音楽が出てきてん。だから00年代の日本のバンドもまあまあすごいねんけど、言ってもそれ日本でしかウケねえだろって感じやってん。けど今の日本の音楽はそうじゃない、結構まじですごい。

次郎:洋楽を吸収しきった、みたいな話なの?

中垣:なんかなぁ? なんかイギリスみたいになってきたなって思ってて。例えばレディオヘッドって、音楽ファンからも慕われてるバンドやねんけど、アルバムが出たときは普通にチャートで一位とか取るねんやんか。

次郎:はいはい。

中垣:それって日本ではあまり起こらない現象やねん。日本で音楽ファンが好きなバンドがチャートで一位取るって、サザンとかはまあ抜きにしたら…ミスチルくらいかな。でもミスチルも、レディオヘッドほど尖ってるわけじゃないし。

次郎:うんうん。

中垣:だから尖ってるバンドが普通にチャートで一位取っちゃうイギリスってなんなんだって思っててんけど、今米津がチャートで一位やったりするやん。これって結構すごいのね

次郎:あー、確かに。

中垣:まあ聴きやすいけど、それでもクオリティーが凄過ぎるし、それをちゃんといいと思って聴くみんなもすごいし、それを聴かせたマーケティング側の人間もすごいし。10年前とかってチャートにAKBとジャニーズしかいなくて最悪とか言ってたのにさ、ずいぶん状況は変わってきてる。あのとき文句言いまくってたやつは出てこいや、って感じ。

2010年 年間 JAPAN Charts – Billboard JAPAN

思ってたよりひどい

松田:へー。

中垣:こないだ新宿のビジョンでチャート見とってんけど、AKB系とジャニーズは半分もなくって、その他はそれこそあいみょんとかやねん。すごくいい時代に戻った。

2019年11月1日
Starbucks 東京ミッドタウン店


ビルボード チャート 1975年
HeaderImage: billboard

Billboard社による音楽チャート、「Billboard Hot 100」。1914年に初めての全米ポピュラーソングチャートが雑誌『Billboard』に掲載され、1940年以降はセールス、エアプレイス、ダウンロードなどに基づく独自の統計から割り出したヒット曲のチャートを掲載し続けている。
日本ではBillboard JAPANに本国からのライセンスが供与されており、本国同様に多様な視聴スタイルから集計した複合チャートを発表しているほか、ライブハウス「Billboard Live」を東京、大阪、横浜で運営している。