Categories
人生 思索

子供を作る意味

12 months

2 minutes read

中垣:ライゾマのときの先輩で…別に真面目な人で、そんなえげつない人とかではなかってんけど、「自分は結婚したいとはあまり思わない」っていう話をしてる人がいて。

松田:うんうん。

中垣:結婚して子供を産むことの意味って、生物的なことで言うと子孫を残すことがそれなんだけれど、別に人間が残すのは人間としての子孫じゃなくてもいいと

松田:あ、それはすごい思う。

中垣:偉大なる発明でもなんでもいいけど、後世に引き継がれる何かを残せるのであればそれは子孫と言っていい、みたいなことを言っていて。

知性を持たない生物は遺伝子という形で情報を蓄え、変異と自然選択を通じてそれを更新し世代を超えて伝えていくしかありませんが、人間はそうではありません。人間は推量によって既存の知識を書き換え、批判と実験を通してその知識を選択し、それを同世代間でさえ伝えていくことができます。
知性を持たない生物なら生物学的適応の進化を通じてしか実現できないことを、人間はより高い頻度とレベルで実現しており、そのため人間が子供を作ることには、生物として子孫を残すということ以上のより積極的な意味が見出されるべきなように思います。

Image: Amazon.co.jp

デイヴィッド・ドイッチュ(2013)『無限の始まり ひとはなぜ限りない可能性をもつのか』インターシフト

松田:分かるよ。

中垣:「へー」って思っててんけど。

松田:たぶん岡本太郎はそのスタンスやねんな

中垣:あ、子供おらへんの?

松田:そうそう。

倉留:結婚してへんよな。

中垣:え、結婚はしてるやろ?

松田:ちゃうねん、岡本敏子は養子やねん

岡本太郎・岡本敏子(2006)『愛する言葉』イースト・プレス
Image: Amazon.co.jp

岡本太郎・岡本敏子(2006)『愛する言葉』イースト・プレス

岡本敏子 – Wikipedia

中垣:あ、そうなんや。養子ってことは…岡本太郎の親の養子に入ったってこと?

松田:岡本太郎の養子になってん。

西川:親子だ。

中垣:そうなんや。

松田:別に養子とかじゃなくて、ずっと一緒にいたらそれでよかったんじゃない?とは思うけど。

遺産とかあるだろ

倉留:ね。

松田:岡本太郎は他にも「人類全部が僕の親であり子であるから〜」みたいなことを言ってて、それもたぶん、今の話と同じ文脈なんやと思う。

中垣:でもそうやんね、それはそうやと思うな。「子孫が~」とか言うのはちゃんちゃらおかしいと思うで。子供作りたいわけでもないのにセックスしてるし。

松田自分が死んだあとの種全体にコミットする手段として、子供しか思いつかないっていうのはナンセンスやんな

ハンナ・アーレントの活動力の三類型のうち労働しか知らないからそうなるんでしょうね。

ハンナ・アーレント(1994)『人間の条件』ちくま学芸文庫
Image: Amazon.co.jp

ハンナ・アレント(1994)『人間の条件』ちくま学芸文庫

中垣:まあね、とは言え子供は育ててみたいよ。

松田:スタディとしてね。

西川:笑

中垣:それもそうやしさ、今まで自分の体験がよりリッチになるような試みっていうのはいろいろしてきてるわけやんか。でも、きっと子供はそれとは別の豊かさを見出しながら成長していくわけで…

松田:知らん虫観察するのと同じくらいワクワクできるよな。

中垣:できると思う。

2020年7月31日
Aux Bacchanales 紀尾井町