Categories
思索

「エコ」的なことへのみんなの疑問

2 years

5 minutes read

中垣:これやばいよな、ほんま…なんでストローがステンレスやねん。

松田おれ紙のストローは嫌いやけど、金属のストローは結構好きやで。ライドし切れそうじゃない?

中垣:えー、そう? 衛生的じゃないで

みなと:それにめっちゃ冷たいよ

それは別に大丈夫

松田:それ用の細長いブラシみたいなん使えばいいやん。たぶんちゃんと綺麗になるやろ。

中垣:この店ちゃんとそこまでやってんの?

みなと:一番疑問なのはなんで曲げてるかなんだよ。真っ直ぐならまだ綺麗に洗われてるって信じられるんだけど。

中垣:そうやねんそうやねん。

次郎:これ、そもそも本当にエコフレンドリーなんですかね。製造過程で死ぬほどカーボン排出してるやん。

日本のCO2排出量の8.8%は、上記のストローの原材料を作っている会社によって排出されています(2016年度)

松田:確かに笑 でもまあいいんじゃない、ウミガメがこれで苦しむことはないんやし

次郎:なんか、一回コットンを摘むみたいなイベントに参加したことがあって、そこのガイド役のおばさんが「うちで作ってる布製品は、ユニクロとかと違って洗濯しても細かい繊維片が出ない」って言ってて。

松田:あー、はいはい。

次郎そういう発想があんの?って思って

松田:でもそれは聞いたことあるな。

中垣パタゴニアがそういうこと言ってるよね。細かい繊維片が…って。

海の極小プラスチック繊維について私たちが知っていること – patagonia→

Image: patagonia

洗濯によって抜け落ちるマイクロファイバーの川や海への流出を削減する洗濯ネットらしい

松田:まあそういうこと言ってるやつってそもそもド左やから、真実かどうかは知らんけどな。

この発言を不快に思われた全ての方に謝罪します

次郎:笑

松田しかもそんなん言うてるくせに、パタゴニアのフリースめっちゃ繊維片出るからな

中垣:そうやねんそうやねん。

Screenshot: Google

松田ウミガメとか以前におれらが不便してるから、まずはその辺からなんとかしてほしい

次郎:笑

中垣:なんか、エコロジーは足突っ込んだら終わりっすね。

次郎原理を徹底しようとすると、離島で自給自足するしかなくなっちゃうよね

中垣やっぱり主語を明確にするべきやねん。地球のためとか言っても分からへん。おれだって別に、いらんときはビニール袋とかもらわへんし。

次郎:それは分かる。

中垣:地球のためとかじゃなくて、シンプルにもったいない。誰のためとかじゃなくてさ

松田:自分にとって必要なものの焦点はきちんと合わせましょうって話やんな。

中垣:そうそう。

松田だからあれや、エコとかじゃなくてこんまりでええねん

Image: Amazon.co.jp

バイブスが上がらないもんは捨てろって本。人生全てに言えるね

近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』サンマーク出版→

みなと:笑

中垣エコとか言わんかったらいいのにね。別に明日からビニール袋禁止になっても全然いいもん。そうなるのをおれは待ってた。

松田:それはそれとしてライドできるよな。

中垣:「じゃあちょっと、ええ感じのコットンのバッグ買うか」って。

次郎同じ構造がベジタリアンにもあると思っていて

松田:はいはい。

次郎命ってどこまで?って。家畜を飼わないことでCO2が出なくなりますって言うんなら分かるんだけど、「こんなかわいい生き物を殺すんですか…🥺」みたいな論調でこられても…

松田:ほんまそれよ。

次郎いや、植物の命…

中垣:そうやんね。そういうやつがフォーカスしてる生き物はなんで牛と豚と鶏だけなんだって。北朝鮮の国民はどうなるねん

松田:笑

次郎:いや、ほんとそう笑

中垣お前がそこまで優しいのなら、犬畜生の命にまで気を配るのなら、そらもちろん人間のことだって大事にしてるよな? いじめとかしたことないよな?って

みなと:笑

松田:確かにね笑

中垣どうしてさ、主語を自分に留めておくことが人々はできないんだろうって

松田:そう、ほんまそう。commmonで取り上げられる問題のうちかなりの部分にそれが関わってくるよね。

中垣ベジタリアンならそれでいいやん、「私はこういう食生活が好きなんです」って。それで済む話やのに、なんでエコとか命とか言い出すのって。

松田:ちょっと前に流行ってたらしい雪だるまのジョーク知らん?

中垣:知らん。

松田:なんか…

とある雪の日、私は庭先に雪だるま(スノーマン)をつくった。すると通行人のフェミニストから、
「なぜスノーウーマンをつくらないのか?」
と言われた。私はスノーウーマンをつくった。
5分後、別のフェミニストから、
「スノーウーマンの胸を強調し過ぎではないか?」
と言われた。私はスノーウーマンの胸を小さくした。
10分後、ゲイのカップルから、
「なぜ男女のカップルなのか? スノーマンを並べたバージョンもつくるべきだ」
と言われた。私はスノーマンをもう2体つくって並べた。
30分後、ビーガン(完全菜食主義者)から、
「なぜニンジンを鼻に使ったのか? 食べ物として扱うべきだ」
と言われた。私はニンジンの鼻を取った。
1時間後、イスラム教徒から、
「なぜスノーウーマンの顔を布で隠さないのか?」
と言われた。私はスノーウーマンの顔を布で隠した。
後日、私は「レイシスト」と呼ばれた。なぜなら、私のつくった雪だるまが全て白かったためである。

Source: Newsweek

松田ほんで最後には、「なんで全部白いん?」って言われたって話

みなと:それめっちゃおもろいな笑

中垣:そういうことやんなぁ。

みなと:でも中垣の言うことも分かるけど、一方で主語が全部自分だけだと、それはそれでしんどい世界な気もするけどな

次郎:なんか結局、人間は他人の顔をうかがうことで満足不満足を決定している生き物だっていう仮説があって、みんなでベジタリアンやってる方が一人でやっているよりも効用が高いってことなんじゃないかな

中垣:まあそうやんね。

次郎:くだらない例だけど、例えばグループアイドルの中で誰かが卒業するとするじゃん。そのときにTwitterでそのアイドルの名前がバズるんだけど、そのアイドルを好きな有名人の名前も同時にバズるらしいのね。「あいつは大丈夫か」って。

中垣:へー。

次郎自分がどう思うかよりも、他人がそれについてどう思っているかの方が気になるんだなって、おれはそこで思ったりしたね

中垣:なんと言うか、他人が自分の求めているような人間ではないってことは重々承知しているわけやんか。それをどこまで考慮すればいいのかというか…

松田:はいはい。どれだけ忍耐強くなればいいかみたいな話やんな

中垣:そうそう。これがビジネスなら別やで、こういうやつはこれくらいバカやからこれくらいの商品にしようってやればいいねんけど

松田:ハックすればええだけやもんな。

中垣:そう、ハックすればいいだけやねんけど、こと自分の人生においては、どこまでそのバカさを受け入れたらいいのかというか…

みなと僕はそれでも、自分が人間を好きっていう感情を優先したいから、どんなバカでも全部許容する

中垣でもおれも結構そうかもしれん

ヒューマニティー

2020年3月6日
Madam Mỹ