Categories
おもしろ小ネタ

他人のガキなんて嫌いに決まってるやん

結局のところ僕らが大事にしているのは、第一義的には自分自身なのです。

4 months

3 minutes read

中垣:他人のガキなんて嫌いに決まってるやん、これはまじでそれやねんな

松田:それやんなぁ。

酒井:笑

中垣:昔から思っててん。ドラマとかでよくあるクサい描写でさ、公園でカップルがよその子の相手をしてあげて、「この子は子供好きなんだ…きっといいお母さんになってくれるだろうな」みたいなやつ。そんなわけないやろうがって

松田:ほんまそれ。でもこのテーマちょっとむずいな、これ以上言うことが無いもん。

中垣:そうやな…でも間違いないねん、他人のガキなんて嫌いに決まってるねん。

松田:うん、無理やんな。

酒井:おれも苦手です。でもなんか、普通に子供好きな女の子っていますよね。

中垣:あー、いるよね。女の子に限らず、別に男でもそういうやつおるし。

松田:まあこれに関してはさ、女の子のことはちょっと分からんよ。女性は潜在的にはみんなお母さんなわけで、ナチュラルに子供が可愛いと思えるもんなんかもしれへんし、女の子に対しての判断はいったん留保したい。でも男、他人のガキに優しい男はおかしい

中垣:そうやね。

性差を本質的に語ってはいけないという批判を迎撃するためにこの本を紹介します

河合隼雄(2018)『河合隼雄 全対話 3 父性原理と母性原理』第三文明社
Image: Amazon.co.jp

河合隼雄(2018)『河合隼雄 全対話 3 父性原理と母性原理』第三文明社

酒井:下心あるようにさえ見えますよね、女性からの目を気にして子供と仲良くしてるみたいな。

それは知らん

松田:なんやろう、少なくとも猫が好きみたいなのと同じ感じで他人の子供を好きにはなられへんよ

中垣:父親は自分と似ていて優秀なものが好きなんじゃなかったっけ。どっかでそう書いてたよ。

松田:福山雅治の…『そして父になる』や。あれでもそういう描写があった笑

そして父になる – Prime Video

松田:うーん…でもそうやんな。とりあえず今回のところの結論としては、他人の子供をかわいいと言っている男には下心がある、ということで

中垣:そうやな笑

松田:絶対に二人きりで飲みに行ってはいけない。飲みの席でその話が出たら即解散しましょう

酒井:笑 もうちょっと話広げてもいいですか?

松田:はいどうぞ。

酒井:おれ、他人のガキ好きな女の子も結構嫌いなんですよ。

中垣:あー、分かる。

酒井:なんでそれ好きなん?みたいな。

松田:あー…

中垣おれはね、嫉妬しちゃうね

松田:あー…嫉妬するのはちょっと分かるかも。

中垣:嫉妬するよな?

松田:うん、嫉妬するわ。

酒井:えー、どういうことですか?

中垣:つまりそれは、おれに普段向けられていた唯一無二の愛的な何かが、実はおれのためだけのものではなかったんだと知る瞬間やねん

松田「…いや、おれにアテンションは?」って感じやんな。

中垣:そうそう。

松田:それを言うとさ、自分の子供が生まれたときでさえ、絶対に自分の中で一悶着あるよな

おっぱいは誰の物なのか問題ですよ

中垣:ある、絶対あるね。それの反動というか、それを了解可能なものにするために、ことさらに子供を可愛がるってことをしそう

松田:うわー、ありそう笑

中垣:ね、ありそうやんね。

松田:彼女が子供を可愛がっていることが、別に特別なものではないというフリをするためにね。

中垣:子供だけが幸せ笑

松田そうか、こういうふうにして子供は守られるねんな

2019年12月13日
ANTICO CAFFÈ AL AVIS 東京ミッドタウン

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額