Categories
人生 思索 生きづらさ

「自分が好き/嫌い」はイシューの見定めが間違ってる

1 year

5 minutes read

中垣:「自分が好き/嫌い」はおかしい、これ聞きたい。

松田:あー、これはね、自分っていうのは客体じゃないからなって話やねん

中垣:まあそうやんな。

松田:自分が好き/嫌いって言ってるとき、それを言ってるお前は誰なん?って話。自分が好き/嫌いっていうのは、例えばカレーよりオムライスが好きですみたいな話とは違うねん。カレーよりオムライスが好きな人は、ランチでその2つから選べるならオムライスを選ぶねん。でもちゃうやん、自分が嫌いやから一回死んで別の人格で人生スタートするとかじゃないやん

世界、自分、時間など、そこから抜け出ることのできないものを客体としようとすると、客体であるはずのものの中に主体たる自分がいるという矛盾に陥ります。これに関しては最近流行りのマルクス・ガブリエルも言いたいことがあるようですが、ここではより簡潔にして溌剌な鈴木大拙の文章を引用しておきます。

「時」を空間的に翻訳して水の流れに喩へて見ると、何だか解つたやうでもあるが、その実、問題は益々迷路に入るのである。川上が過去で、川下が未来だと云ふことに見たいのであるが、「時」の未来なるものは、まだ出てこないのであるから、川の水を山の上からでも見るやうなわけに話することは出来ぬ。川と云へば、両岸に沿うて川床がある、その上を水が流れて、そこに「川」なるものが出来る。「時」にはそんな川岸も川床も考へられない。而して又吾等は「時」なるものを川のやうに、「時」そのものから離れて、それを「時」の岸から見るわけに行かぬ。「時」の岸に上つて「時」の流れを見ると云ふときには、その「時」は現実性を失つてしまふ。なぜかと云ふに、吾等はいつも「時」そのものの中に居るのである。過去・現在・未来の三世に「時」を切つたり、またその外で「時」の流れなるものを一つの連続体として眺めると云ふことは、「時」そのものと、何等の関係をもたぬ抽象体の話をして居ると云ふことになるのである。

「事実」と云ふことは、どんなことを云ふのか、はつきりわからぬやうでもあるが、「時」の事実は実に「時」そのものの中に生きて居ると云ふことに外ならないのである。「時」そのものの中に生きて居ると云ふことは、「天上天下唯我独尊」と云ふことでなければならぬ。此独尊者が「時」を作つて行くのである。「時」は独尊者の生きて行く痕跡なのである。「時」を此独尊者から離しては解せられぬのである。「時」は痕跡であるから、それのみを「事実」だと見て居ては、巨人の独尊者はもうそこには居ないのである。吾等の考への混雑は実に此矛盾から始まると云ふべきであらう。

Source: 鈴木大拙『時の流れ』

鈴木大拙『時の流れ』

中垣:じゃないね。だから逆に自分が嫌いだから自殺するとか、ちょっとすごいよね。

松田:まあまあ。とにかく好きやから選ぶとか嫌いやから捨てるってもんではないねんから…

中垣:そうやんな、慰めでしかないよな。だから自分が好きっていうのも嫌いっていうのも、自分の何かを棚に上げて都合よく生きようとしてる感じがあるというか

松田:うんうん。

中垣:「自分が嫌い」って、なんかの保身を感じるやん。こういうところが嫌いっていうのがあるわけやけど、自分はそれを認識できているんだよっていうのをせめてもの慰めにしてるのか…

松田:自分が嫌いって言うことで、具体的な課題の解決に取り組まずに済むわけ。

中垣:うんうん。自分の嫌いな部分を抽出してそれを嫌いだと言うことで、嫌いと言っている自分は非難を免れ得るというか

松田:そうやねん。自分を嫌いって言ってるやつは、結局自分のことが好きで傷つきたくないねん。

岸見一郎『嫌われる勇気』ダイヤモンド社
Image: Amazon.co.jp

読みやすい上にいい本だからみんな読もうな

岸見一郎・古賀史健(2013)『嫌われる勇気』ダイヤモンド社

中垣逆に自分が好きっていうのはどうなんかな。それも何かを隠そうとしている感じがするけど。

松田:ほんまに自分が好きなら、わざわざ好きなんて言わへんもんな。

中垣:好きやけどね。

松田:まあね、聞かれたらそう答えるけど。

中垣:まあでも自分は好きかなぁ。

松田:出身地とかと一緒でさ、今さら避けては通れないねん。自分で選ぶもんじゃないねん

中垣:そうやんな。

松田:同じ違和感をさ、「自分がすべきこと」「自分がとるべき行動」みたいな言い方にすごく覚えるねん。べきって言ってるてめえは誰だ?って

中垣:まあそれはさ、ありのままの自分を指しているというよりは、こういう人間である自分はこういう振る舞いをするべきだ、みたいな話な気はするけどね

松田:あー、社会人として…みたいなね。

いや、やっぱおかしいだろ。「~すべき」じゃなくて「~する」でいいんだよ

中垣:そうそう。

松田:この話が頭に浮かんだきっかけはね、このあいだの日曜日にKITTEのスターバックスにおってんけど、後ろには「自己肯定感が無いんだよ~」って友達に相談してる女の子、横には『夢をかなえるゾウ』の話をしてる男性っていう、地獄のような席でお茶しててんな。

とは言え『夢をかなえるゾウ』は悪くない本だと思うよ

中垣:はいはい。

松田:それで、なんでみんな自分が好きとか嫌いとか言ってるんだろうって。

中垣『イシュードリブン』あるやん、そういうやつはあの本読めばいいと思う

安宅和人『イシューからはじめよ』』
Image: Amazon.co.jp

安宅和人(2010)『イシューからはじめよ』英治出版

松田:あー、そうなん?

中垣:あの本、別にたいしておもしろくはないねんけど、言ってることは何にでも適用できるというか、要は「テーマの設定が間違ってる」「イシューの見定めが間違ってる」っていう話やねん

松田:なるほどね。

中垣:だから何かしら自分がモヤってるとして、自己肯定感がどうとかっていうのはイシューとして間違ってるよっていう

c 生きるの大変だし、いっそ自殺しちゃう?

松田:はいはい。

中垣:まああの本はさ、世間ウケするように分かりやすく書いたってだけの本で、ある一定以上まともな人であれば、そういう考え方は普通にしてきてるはずやねん

松田:はいはい。

中垣:でも、そういう考え方が万能っていう説はある気もしてる。まあ万能というか…ニュアンスにはこれ、おれが建築学科にいたときに「コンピューテーショナルデザイン」って言って、ライノセラスとかグラスホッパーを使ったデザインを教えてくれた先生がいて…

Rhino 6 for Windows and Mac

松田:うんうん。

中垣:その人が言ってたのは、世の中の全ての現象はコンピューターでシミュレーションできると思うと。それはそうであってほしいということも含めて、とは言っててんけど。

松田:うんうん。

中垣:そういう考え方ってあるやん。『イシューからはじめよ』もそれに近くて、イシュー的な考え方は課題解決にあたっては万能じゃないかって気はする

松田:なるほど。

中垣…まあ違うんですけどね。彼女と揉めたらイシューからはじめるくらいじゃどうにもならないねん。

彼女を前にしたら岩波文庫なんてクソの役にも立たんのですよ

松田:笑

2020年7月3日
Aux Bacchanales 紀尾井町


安宅和人
HeaderImage: 週間東洋経済Plus

『イシューからはじめよ』の著者。
「僕らはデータ×AIだけでなく、様々な技術革新が重なりあい、exponentialな変化がいたるところで始まる本当に面白い時代に生きています。単なる大量生産の時代は終わりました。これからは既存のルールでのサバイバルではなく、新しい時代に即したリテラシーを身につけると共に、ジャングルを切り開き、欲しい世界を作るような力を持てるかがカギになります」って言ってる。