Categories
ファッション

ギャルソンの服ちょっといいよな

7 months

2 minutes read

中垣:最近またさ、ギャルソンがちょっといいなと思ってて

松田:うんうん。

中垣:別に自分が着たいとかではないねんけど、何がいいってさ、日本の針子感があるというか、縫製とかめっちゃちゃんとしてるやん

松田:それはそう。しれっと出来がいいねん。

中垣出来が普通にいいやんか、そこがすごい好きというか。だって、別にもはやトレンドとかではないし、好きな人が勝手に着てるみたいなブランドやけど…

松田:うんうん。

中垣:でもそれこそギャルソンのパンツとか、結構欲しいなと思う。それに、全然ギャルソンっぽくないやつでいいねん。ギャルソンっぽいやつじゃなくていいねんけど、それでもなんか見たらギャルソンって分かるし

松田:そうやんな。あれなんなんやろうな。

中垣:だってあの粗いステッチであの綺麗さって、結構狂気じみてるというか…そこまでする?って。

松田:おれが前に買ったギャルソンシャツのあのパンツも、ワークステッチパンツって言ってるくらいやねんけど、ステッチがしっかり目立つようにピッチはかなり粗めやし、ステッチの穴が沈んでる感じを出すためにめっちゃちゃんと糸調子を調整してると思うねん

コムデギャルソンシャツ パンツ
Image: SSENSE

中垣:そうやんな。ステッチがブリブリしてるもんね。あれすごいよね。

松田:ああいう、服としてまず盤石過ぎるとこが好きやな。

中垣:みんなの制服というか、日本の服工場というか。ユニクロの上位互換じゃないけど…

最高のインフラ服なのです

松田:あー、そうそう。

中垣:日本の全ブランド、ギャルソンの工場にOEMしたらいいんじゃないかって。まあバカ高くなるけどね。

松田:笑 でもほんまにそう思うで。今もそうなんかは知らんけど、村上春樹は年に2回だけギャルソンに行って適当に服を見繕うって話、すげーよく分かるもん

『村上春樹ロングインタビュー』(考える人 2010年 夏号)新潮社
Image: Amazon.co.jp

『村上春樹ロングインタビュー』(考える人 2010年 夏号)新潮社

中垣ほんまわけわからんデザインの服にしても、こここんなちゃんと留める?とかあるもん

松田:おれがこの前トレーディングミュージアムで買ったピンクのシャツだってさ、おれは普段は中垣ほどシャツをちゃんと見ないけど、それでもちょっと見る限りではびっくりするほどちゃんとしてたよ。

COMME des GARÇONS HOMME PLUS 2019SS
Image: FASHIONSNAP.COM

どれだけ変な服でもベースの作りはすごくしっかりしている

中垣:そうやんなぁ。

2020年7月24日
Aux Bacchanales 紀尾井町


コムデギャルソンオムドゥ 日本の背広
HeaderImage: @komiyama_tokyo/Twitter

「日本の背広」をコピーに1987年にスタートした、スーツをメインにしたラインである「COMME des GARCONS HOMME DEUX」。日本経済新聞に「コム デ ギャルソン・オム ドゥは、これからの日本のビジネスマンの服。個を明確にもち全体の調和に生きながら、内面的に洗練されている精神的エリートの服です」と書かれた全面広告を掲載し、また雑誌には吉田茂や高橋是清などのポートレートを用いた広告を掲載するなど、背広を着る人自体に焦点を当てたプロモーションをかつて行っていた。
迷彩柄のブリーフケースやポップな柄のネクタイなど、スーツの専業メーカーには見られないようなデザインの小物も多く展開されている。