Categories
人生 仕事 思索

人間の本義

1 year

4 minutes read

松田『無限の始まり』っていう、おれが何回か言及してる本があるやんか。

デイヴィッド・ドイッチュ(2013)『無限の始まり ひとはなぜ限りない可能性をもつのか』インターシフト
Image: Amazon.co.jp

デイヴィッド・ドイッチュ(2013)『無限の始まり ひとはなぜ限りない可能性をもつのか』インターシフト

c 子供を作る意味

中垣:うんうん。

松田:あれの中で、動物の進化と人間の創造を比べてる箇所があるねんな。で、そこで言っているのは、動物が新たな知識、つまり遺伝情報を得るには、突然変異と自然選択を通して、たまたま生まれた新たな遺伝情報を次世代に遺すことになると

人間の脳にある知識と、生物学的適応としてある知識はどちらも、広い意味での進化、つまり交互に起こる「選択と既存情報の変化」という進化によって生み出されている。人間の知識の場合、既存情報の変化は推量、選択は批判と実験によるものだ。一方、生物圏の場合、既存情報の変化には遺伝子の突然変異(ランダムな変化が関係している。また自然選択では、その生物の繁殖能力を最も大幅に向上させる変種が有利であり、その結果、その変異体の遺伝子を集団に拡散させることになる。

Source: デイヴィッド・ドイッチュ(2013)『無限の始まり ひとはなぜ限りない可能性をもつのか』インターシフト

中垣:うんうん。それはこう、主体的なというよりはシステムとして、乱数の中から上手く当たったものを遺すっていう話やんな

松田:そうやね。だからこれのナンセンスなところは、選択される新しい知識の候補は突然変異からしか生まれないところにまずあると。

中垣:うんうん。

松田:し、それを新しい知識として次世代に遺す過程で、新しい知識に取って代わられた古い知識を持つ個体は死ななあかんと

中垣:うんうん。

松田:でも人間の知識創造はそうじゃないですよねって言うわけ。人間は個体が死なずとも、より劣るアイデア自体を捨てるだけで、全ての個体が新たな知識を獲得することができる。つまりひとつの世代の間で、いくらでも知識を更新することができる。しかも知識の候補を生むにあたって、動物における突然変異とは違って、人間はもっと目的的に、焦点を当てて推量することができると

中垣:うんうん。

松田:適当に乱数を生成して全部をテストするのではなくて、そもそもの文脈と既存の方法論によって妥当性が認められるアイデアだけをテストすればいいと。これってすごくもっともだなと思うわけ。

中垣:はいはい。

松田:もちろん人間と動物の違いはいわゆる知性だと言うことはできるんだけど、実は動物も似たようなことはしてる。なんだけれど、随分と筋の悪いやり方をしていて、そこにこそ違いがあると。

中垣:思った、動物も同じようなことはしてるよな。

松田:で、さらに人間による新しい知識創造と動物の進化には、その手段だけではなく目的にも違いがあるわけ。動物の進化は生物学的適応のためでしかないねんけど、人間は「空飛んでみてー」とか「宇宙行きてー」って思えるわけ

動物による新しい知識の創造の目的は個体とは関係がありませんが、人間による新しい知識の創造は個人の意志と期待に後押しされます。

c 未来を作ったiPhone

中垣:そうやね、まさにそうやね。

松田:っていう話があって、そのことを考えると、YouTubeでオーディエンスウケするコンテンツ作りに精を出すのとか、キュレーションサイトのSEO対策に勤しむのってどうなん?っていう。

中垣:あー、そういうことね。はいはい。

松田:新たな知識の創造という視点から言うと、手段も目的も、かなり動物寄りの原理に基づいてると思うねん。

中垣:うんうん。まあ、かなり雑な話ではあるけどね。

松田:まず手段の点で、YouTubeでバズるコンテンツを作るのもキュレーションサイトのSEO対策も、基本的には数打っていろんなパターンを試すしかないわけやん。サイコロ振るのと同じ、ほとんど当てずっぽうにしかならない。

中垣:うんうん。

松田:し、その目的が適応でしかないというか、さっきの「宇宙行きてー」みたいな人間的な動機がゼロやんな。

中垣:うんうん。

松田:なんて言うんやろう、オーディエンスに寄せたYouTubeのコンテンツを作るのもそうやし、SEO対策とかにも同じことが言えると思うねんけど、なんか、環境ありきでそこに適応しているだけというか…

検索エンジン最適化 – Wikipedia

中垣まあ線引きはむずいとは思うけどな。結局SEOだって、目の前の課題が明確でそれに対する打ち手としてであれば別にいいわけで。とは言えやはり、SEO対策なんてナンセンスだし、とも思うけど。

松田:うーん、それって程度問題なんかな。おれの持ってる違和感としては、より質的なものな気がしていて、それについて何かしら説明をつけたいねんけど…

中垣まあ動機の違いはずいぶんあると思うけど

c howより大事なwhy

松田:それはそうやな。

中垣:だから具体的にしていることがどうこうというよりは、人間である以上、それでよしとする気持ちってどうなんだい?ってことは言えると思う。

c 一億二千万分の一の自分と、一分の一の自分

松田:そうやね。

中垣:でもそれを言い出すと「世の中全員死ね」みたいな話になっちゃうし…まあむずいな。

松田:そうやね。だから結局、人間の本義とはみたいな話やねんけど…

中垣:言うたらね、サラリーマンは5年10年も勤めたら同じ仕事をルーティンでこなせるようになるんだけど、それはそれでまあいいかとか言い出すと、それは犬畜生と変わらんぞ、と。そういうことを言い出したら、確かにそれはそうやねん。原理的に言うとそうやねんけど…まあむずいよな

実効性のあることが言いたい

c 自分の人生を生きよう

松田:なんかね…例えばSEOってさ、言うたら検索エンジンのハックなわけやんか。

中垣:うんうん。

松田:でも環境をハックするって、それは犬とか猫でもやってるやんって。今ある条件に自身を最適化するんじゃなくて、まだ見ぬものに、知性の無限のリーチをもって手を伸ばすのが人間の本義じゃないんかと

“Life has no meaning a priori… It is up to you to give it a meaning, and value is nothing but the meaning that you choose.”

– Jean-Paul Sartre

Source: goodreads

中垣:だからまあ、SEOにしろアフィリエイトにしろ、そういう最適化ビジネスのくだらなさをどう説明するかってときに、人間と動物の本質的な違いに照らすことはできる気はするよね。

松田:そうそう。

2020年8月21日
Aux Bacchanales 紀尾井町