Categories
ことば 音楽

ハウス・ミュージックのプリミティヴな喜び

2 years

2 minutes read

中垣言葉が上手い評論家はすごくいいと思うねん。Jamie xxの虹色のアルバムあるやん。

松田:はいはい、分かるで。

中垣:あれのレビューを読んでたときに、ハウスミュージックの喜び、みたいな表現を見たことがあるねん

松田:そんなこと言うてたん? それはちょっとすごいな。

中垣:なんかどっかに書いててん。でも実際あのアルバムってさ、そんなハッピーな曲ばっかでもないやん。中性的な、まあそういう感じなんやけど、確かにハウスミュージックの喜びが散りばめられてはいるねん

Jamie xx
Image: ele-king

はじめからザ・エックス・エックスの音楽ははっきりと「シェルター」だった。外界から遮断された場所で、自分だけの痛みをこっそりと広げて味わうこと。10代の音楽としてあまりにパーフェクトだったし、その純度の高さこそが特別なバンドとして愛でられた理由だった。ダブステップを横目で見つつ、できるだけ隙間を開けて音を丁寧に配置していく触れたら壊れてしまいそうなギター・ミュージック。それはあらかじめリスナーひとりひとりに向けて作られたもので、自分たちが大観衆の前でプレイするバンドになるとは想像していなかっただろう。セカンド・アルバム『コエグジスト』は、だから、サウンドの幅を広げながらも自分たちの出自を確かめるかのような密室性が貫かれていた。
だがハウス・ミュージックのプリミティヴな喜びがたっぷりと投入されたジェイミーXXの『イン・カラー』を経て、バンドは「シェルター」の別の意味を3枚めとなる『アイ・シー・ユー』にしたためているように見える。すなわち、たくさんの人間たちが緊急避難的に集う場所としてのダンスであり、バラッドであり、ポップ・ミュージックだ。

Source: ele-king

完璧なるシェルターへようこそ – ele-king

次郎:ふーん、おもろいな。

中垣:なんかその、「うん、そうなんだよ。おれはそんなハウスミュージックが好きなんだよ」って思わせる様子がめっちゃあるねんけど、それを「ハウスミュージックの喜び」って言ったその評論家はすごいと思う。

松田:確かに。なんかそう考えると評論家って仕事も悪くはないな。

音楽、香水、エマ・ストーン、そのすべてが最高である

2019年11月1日
Starbucks 東京ミッドタウン店

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額

このリンク先でカートに入れた商品は、その売り上げの一部が commmon に還元されます。

また「誰が、何を何と同時に購入したか」は完全に匿名化されており、「何がいくつ販売されたか」以上の情報をこちらから確認することはできなくなっています。ご安心ください。