Categories
おもしろ小ネタ ことば

僕らが考える子供の名前の決め方

2 years

4 minutes read

松田子供の名前はどうやって決めたらええんかって話やねんけど、いくつか案があるねん。

きむ:どんなの?

松田ひとつ目はこっくりさん。こっくりさんに決めてもらう。

匿名:こっくりさんってなんだっけ。

机の上に「はい、いいえ、鳥居、男、女、0〜9(出来れば漢字で書いた方が良い)までの数字、五十音表」を記入した紙を置き、その紙の上に硬貨(主に十円硬貨)を置いて参加者全員の人差し指を添えていく。全員が力を抜いて「コックリさん、コックリさん、おいでください。」と呼びかけると硬貨が動く。

Source: Wikipedia

コックリさん – Wikipedia

松田:こっくりさんっていうお化けを呼び出して、50音表の上を指が勝手に動いて、それがこっくりさんからのメッセージってやつ。

河東:おれ、こっくりさんで子供の名前決めるってなったら目見開いてしっかり狙うけどな。それどんな名前でもOKにすんの? 意味分からん名前になる可能性もあるやん。

松田:まあね。でもそもそも、名前には何が必要なのかっていうことを考えててん。

河東:はいはい、名前の要件な。

松田:そう。だって名前って基本的に何でもいいやん、ラベリングができたら全部一緒なわけ。もちろん極端に文字数が多いとかやと実際的な問題はあるけど…

きむ:こっくりさんに寿限無やらされるかもしれないよ?

寿限無 – Wikipedia

松田:あとはまあ、呼びやすい書きやすいみたいなんはあるけど、でも基本的にはなんでもいいわけ。だから変に名前の意味みたいなんを考えちゃうとさ、まずその意味自体を確信できるかが怪しいし、それを確信できたとして、その意味の最も忠実な反映がその名前なのかみたいな疑問は常に残るやん…みたいなことを考えると、できるだけ記号的に決めたいっていう趣旨やねん。

きむ:あー…

河東:あー、そういうことね。

松田:で、こっくりさんになるわけ。あとはふたつ目として、自分と同じ名前をつけるっていうものある

匿名:ジュニアすらついてないの? 本当に同じ音の?

河東:松田の話の大きな間違いのひとつは、それは子供の名前ってとこやで。一応親が決めることになってるけど、子供が背負ってくもんやからさ、別に松田が確信持つとかじゃないわけ

きむ:確かに。

松田:じゃあもう、いよいよなんでもいいやん。

河東:だからさ、全員に10歳くらいで改名のチャンスを与えたいよな

きむ:笑

河東:それまではとりあえず見分けるために、親のつけた名前で呼ぶけど。

松田:じゃあさ、まじで名前を変えるためのリーガルな要件を親が全部理解しといて、その上で適当に「1号」みたいな名前をつけたらいいやん。ほんで10歳くらいのときに「ちゃんとこの日のために、お父さんは法律周りの準備をしておきました。今、自分で人生を選びなさい」みたいな。

匿名:それだったら1号とかもね、かえっていいよな

いや、嫌でしょ

松田:でもおれが子供やったらそれはそれでめっちゃ悩むな。めちゃめちゃ悩んで「何月何日までに決めなさい」とかいう期日を守れず、ほんでめんどくなって1号のままで生きていく

河東:けどなんか…子供が選ぶのが真っ当な気もしたけど、とは言え唯一親がつけるもんで、呼ばれているうちに好きになるみたいなパターンも否めん気もするから、一概に子供が自分で決めてええもんなのかも分からんな。なんも分からん内から親に決められて…っていう、それにも意味がありそうな気もしてきた

きむ:顔つきがその名前っぽい人っているよな。

松田:まあ相関はありそうやんな、だって一日に何回も呼ばれんねんで。

河東:でもさ、めちゃめちゃ可愛い名前やのにほんまもんのブスみたいなやつもたまにおるやん、あれなんでなん? さすがに無理過ぎたん?

きむ:うーん。

松田:素材との差が大き過ぎたんやろ。

河東じゃあちょっとは修正効いてんのか

きむ:昨日髪切ったんだけど、担当の美容師さんの奥さんが今妊娠8ヶ月目らしくて、名前決めたんですかって聞いたら「採(サイ)」にしたって言ってて。

松田:なんじゃそりゃ。

きむ:「どうやって決めたんですか」って言ったら、最初は音から入って後から漢字を決めたって言ってた。本人的には「〜丸」がよかったらしいんだけど奥さんに反対されたって。

河東:へー。

きむ:本当は「イマル」みたいな感じがよかったらしいんだけど、それはもうイマルじゃん。それ以外にいい感じの「〜丸」が思いつかなかったらしい。

河東:なるほどね。

匿名「サイ」だったら辞書引けば、一ヶ月くらいあれば全部検討できそう

強迫っぽ…

河東:松田はどうすんの? こっくりさん以外はなんかあんの?

松田:あー…他にちょっと考えんのはさ、中里維摩ってデザイナーがおるねんけど、その彼の名前は仏典からな気がするねんな

COUTURE SPRING/SUMMER 2019 – YUIMA NAKAZATO

To Each Individual, His Own Design: Yuima Nakazato – Google Arts & Culture

きむ:おー。

松田:それは結構、後々もしっくりきそうかなって。尊いことばを漢籍からとるみたいなね

きむ:年号みたいだね笑

河東:単純に好きな音とかないん? こう呼びたいみたいな。

松田:ないなぁ。

河東:昔好きやった子の名前とか、ちょっと好きやったりせん?

松田:せんよ笑

河東:おれはね、「梨」ってつく子は大体好きっていう説があるねん。そういう子らに顔のクオリティで裏切られたことがないっていう。

松田:顔のクオリティ笑

河東:だから梨っていう漢字には鼻を高くする吸引力があるんちゃう? 素材を伸ばしていくというか。

きむ:確かに、梨って入ってる人は可愛い率高い気がする。

安易な同意である

松田:じゃああれやね、そういうローデータが欲しいよな。顔と名前のセットが何十万個みたいな。それをAIに食わせて、アウトプットを元に顔から名前を選べばいい。

匿名そういうことでいいんじゃない、名前は

2019年10月25日
東京ミッドタウン

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで任意の金額から支援することができます。

このリンク先でカートに入れた商品は、その売り上げの一部が commmon に還元されます。

また「誰が、何を何と同時に購入したか」は完全に匿名化されており、「何がいくつ販売されたか」以上の情報をこちらから確認することはできなくなっています。ご安心ください。