Categories
お金のこと 仕事

風俗で働くということ

10 months

3 minutes read

中垣お金に困れば最悪風俗やればいいか、みたいな話ってあるやん。

松田:はいはい。風俗とまで言わんでも、ホステスの体験入店で金欠乗り切るみたいな話は聞くな。

中垣:それで思ったんが、風俗で働くのがあまりよろしくないとされることなのは分かるんだけど、一方で何がダメかって言われるとむずいよねって

松田:確かに、おれも風俗とホステスの違いについて考えたりするけど、今のところは程度問題だとしか思えてないな。でも感覚的には、風俗で金欠乗り切る方がなんかエグい気がする。

中垣:もちろん楽して稼ぐのはよくないみたいな分かりやすい話もあるけど、おれはポイントはそこではないと思ってて。要は風俗って、一番危ないポイントでの均衡点というか、安定釣り合いポイントやと思ってるねん

松田:はいはい。

中垣:人それぞれ、お金がこれくらい欲しいっていうのと自分の能力との兼ね合いで仕事って決まってるわけやんか

松田:まあせやな。

中垣例えば年収1,000万円欲しいけど高卒なら、1,000万円の方を下げるか、あるいは頑張って能力の方を上げてもいいし、企業してもいいし、悪いことやってもいいし…みたいな、そこの兼ね合いで各々の釣り合いポイントに落ち着くわけやん。能力が高ければこういう釣り合いポイントがあって、低ければこういう釣り合いポイントがあって…みたいに落ち着いていくわけ。

松田:うん。

中垣:なんだけれども、風俗って別に能力要らんわけよ。これがすごい特殊で、能力が要らんのにかなり給料が高い、そういう謎の釣り合いポイントやねん

「風俗にだって能力は必要!」とかいうアホな批判を迎撃しておきますが、ここで言っているのは提供するサービスの質において、サービスを提供する者の能力に依る部分が相対的に小さいということです。あなたが異性愛者の男性なら、お口の上手な男性より多少下手でも女性の方がいいでしょう。これってとても特殊なことです。

松田:はいはい。

中垣:で、一度そこで釣り合ってしまうと、そこから別の仕事を選ぶインセンティブが特になくなっちゃうねんな

松田:あー、はいはい。

中垣その釣り合いポイントよりずれると、もっと働かなあかんし給料も下がるっていう状況やねん

Image: commmon

松田:なるほど。

中垣:もちろんさ、風俗って社会的イメージがよくないとか、おっさんとセックスしてると自分として大事なものを失うんじゃないかとか、そういう話もあるわけやんか。

松田:うんうん。

中垣:でもそれは薬物とかと一緒で、一度そこにエントリーしてしまうとそんなことは織り込み済みになっちゃって、辞めようと思うインセンティブにはならないねん

松田:確かに、そうやんな。

中垣:そこがすごくリスキーというか、危なっかしい仕事やなと思う。最後の最後には女性の体でさえあればいいってところまでいって、そこまでいくと釣り合いポイントが究極に落ち込んでしまってるから、絶対に逃げられない

松田:うんうん。

中垣:逃げられない上に、歳食ってくと市場価値もどんどん下がっていって追い込まれて、最後は泥みたいな世界に身を置くことになるっていう。世間的なイメージどうこうっていうよりは、そこがでかいかなって思う

松田構造的に闇堕ち不可避

中垣:そうそう。あとはそもそもセックスを仕事に持ち込んでいいのかみたいな、要はそういう性愛的なものは神聖なものだと信じたいわけやねんけど、そこは結局人によるとしか言われへんわけやんか。

松田:うんうん。

中垣:し、他人がそこに口出しするものでもないし、そこをポイントに何か言うことはできないと思っていて。

松田:それはそうやね。あとは構造的に闇堕ち不可避っていうのはもちろんやし、それに加えておれとしては、能力が要らない仕事でお金もらってると精神病むっていうのも問題やと思うで

中垣:自己効力感的な意味で?

松田:そうそう。自分には何かができるって思えなくなると思う

中垣:そうやね、それはあるな。

松田:まあもちろん、そもそも構造的に問題があるねんけどな。

中垣そう考えるとさ、AVはちょっと違うよね。あれは自己効力感は全然持ち得るやん。

松田:あー。あれはむしろ、世間の偏見みたいなものを全く気にせずに済むのであれば、案外しっくりきそうやんな

中垣:うんうん。

松田:そう考えるとAV女優って可哀想というか、結構大変やんな。

中垣男女の構造的な差があるからこそある職業やからな

2020年5月2日
Aux Bacchanales 紀尾井町


HeaderImage: バニラ求人

耳障りなアドトラックで有名な風俗求人サイト。プライバシーポリシーページは「当社は〜」から始まるが、肝心の社名はどこにも書いていない。
写真中央のキャラクターの名前はバニ子、誕生日は8月25日、好きな食べ物はバニラアイス。