Categories
ファッション 生きづらさ

自分の服は全部自分で洗いたい

1 month

4 minutes read

明石洗濯の話をしてもいいですか?

松田:はいはい。

明石:前に、もしいくらでもお金があれば自分のためのコインランドリーを作りたいって話してたじゃないですか。あれめっちゃ共感して

松田:なので、僕は3億円でコインランドリーを作りたいですね。

白濱:えー…

松田:これはコインランドリー経営がしたいとかではなく、洗濯や乾燥のそれぞれに最適化された機械で服を綺麗にするあの空間がすごく好きなので、自分の好きな機種や内装で、自分一人しか使わないのに同じ機械がたくさん並んでいるコインランドリーを作りたいんです。外向きの出入り口はないガラス張りで、自分の家の内側からのみ出入りできるようにして。

白濱:笑 まじ無駄じゃん。

松田:ガラス張りなので、その前を通る人にはそれがコインランドリーであることは分かるんです。そうやってリアリティを担保しながら、あくまで僕一人で使いたいですね。

Source: commmon

c お金があればしたいこと

松田:はいはい。

明石:まず自分が洋服を買うときの基準として、自分で洗濯できるかどうかっていうのがあるんですよ。

松田:うわ、それめっちゃ分かります。

「絶対無理やんな…でももしかするといけるかもしれん頑張ってくれ」って気持ちでオムドゥのウールのコート洗ってダメにしたことある

明石:これ他所で言うとまじで引かれちゃうんですけど…でも分かりますよね?

松田:もちろん分かりますよ。

明石:潔癖症ともまた違うんだよな。自分の持ち物が、自分の見えていないところでハンドリングされるのに抵抗感があるんですよ

松田:そうですよね。何されてるか分からんとまでは言いませんけど、でも嫌ですよ

iPhoneを修理に出したくないので、画面欠けただけで即買い換える

c 新品を開封するのが好きじゃない

明石:そうそう笑 だから、なんならレストランでコートを預けるのも嫌で、店の種類で着て行く服を変えたりするんですよね。

松田:うんうん。

明石:そういう意味ではクリーニングにも抵抗があって、とにかく自分で洗えるものじゃないとだめだし、なんとか手間をかけたら自分で洗える服の場合、そこまでしてその服を買うのか?っていう葛藤が常にあるんですよね

松田:いやー、分かるな。ウールとかもね、好きなんですけどなかなか買えないんですよ。

明石:僕も今までウールものは全然買ってこなかったんですけど…スマートウールってブランドの靴下知ってます?

松田:いえ、存じ上げないです。

明石:そもそも今のウールってすごく進化してて、メリノウールひとつとっても昔と今では全然違って、今のメリノウールって洗濯にめっちゃ堪えるんですよ。そういうのって、例えば山登りの世界だと常に需要があるじゃないですか。

松田:そうですよね、ベースレイヤーはどうしてもウールの方がいいですから。

明石:それでスマートウールっていうのは、ウールを肌着にする系で最初にのし上がったブランドなんですけど、そこの靴下がめっちゃいいんですよ

スマートウール 靴下
Image: LOST ARROW

ソックス スマートウール –  ロストアローオンラインストア

松田:へー。

明石:僕は毎回洗濯してますけど、たぶん2~3日履いたくらいでは全然臭くならないですよ

松田:すごいですね。

明石:それで「おれはウールのことを知らないのかもしれない」ってなって、靴下以外にも買ってみようと思って買ったのが今日着てきたやつなんですけど…

松田:はいはい。

明石:これ素材はカシミヤで、オーバーコートっていう、元々ギャルソンのパタンナーをしていた大丸さんって方がニューヨークで立ち上げたブランドのやつなんですけど。

CASHMERE SWEATSHIRT – OVERCOAT

松田:へー。

明石:で、 某セレブリティ のアパレルとか 超有名なラッパー のアパレルとかも、この大丸さんが作ってるらしいですね。

松田:へー笑

明石:それで名前の通りコートがメインのブランドなんですけど、今期すごくいいカシミヤを仕入れたからスウェットを作ったって言って。これがめちゃめちゃいいんですよ、ちょっと触ってみてください。

松田:はいはい…あ、なるほど。確かにめっちゃいい感じですね。

着たら即寝そう

明石:で、これも洗うのはめんどくさいんですけど、そういう手間を掛けてでも着たい服かっていうのは…

松田まあいいフィルタリングにはなりますね。変にクリーニングに出すより自分でケアしたほうが生地にはいいですし。

明石:松田さんがシルバーアクセサリーを好きなのも…たぶんですけど、シルバーって基本朽ち果てないじゃないですか?

松田:いや、それはもうその通りで笑 そういう意味で硬い無機的な素材が好きなんですよ

明石:超音波洗浄機にぶち込んでも大丈夫ですもんね笑 僕は昔から服は買ってきてますけれども、服って基本的に朽ちていくものでそれが無限にあっても意味は無いから、本当にこう…ちゃんと洗濯し続けられるくらいの物を買っていかないとなと、40歳手前にして思っていて。

“““ちゃんと洗濯し続けられるくらいの物”””

松田:なるほどですねえ。

明石:とにかくコインランドリーには共感したって話です。

松田:僕も、基本的には自分で洗える服しか持っていませんね。でもたまにクリーニングに出すのか自分で手洗いをするのかを留保したままウールの服を買っちゃうこともあって、そういうときは結局洗濯機にぶち込んじゃってます。

ハリウッドランチマーケットのメリノカシミヤ、テクスチャいいし洗濯乾燥しても縮まないしで超おすすめ

ハリウッドランチマーケット メリノカシミア ウォッシャブルタートルネックセーター
Image: HOLLYWOOD RANCH MARKT

メリノカシミア ウォッシャブルタートルネックセーター – HOLLYWOOD RANCH MARKT

明石:笑 でも逆に、水に通してからが自分の物みたいな感覚もありません?

松田:それは間違いない笑 洗って初めて心理的な距離が縮まりますよね。

全部リジッドデニムに見えてんのか?

明石:なんか取り止めもない話をしちゃいましたね。

松田:でもね、あのコインランドリーは結構真剣な夢なんですよ。

明石僕も洗濯機を何種類も家に置くってことは考えたことあるけど、外に見えるようにしてコインランドリーとしての体裁を保つっていうのはなかなか…そこに痺れたんですよね。

松田:笑

2021年1月17日
Aux Bacchanales 紀尾井町

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額


Miele 洗濯機
HeaderImage: Miele

ドイツMiele社の洗濯機、WT1。ハニカム形状の立体的なドラム表面により洗濯物が薄い水の膜の上を滑るように動き、衣類への負担は軽減され、しわが少なくむらなく乾燥することができる。ただし200Vのコンセントが必須であったり送料だけで3万円近くするなど、相応の癖の強さもある。
ウール以外の手洗い可能なすべての素材を洗うことができるが、ウールもいけると勘違いした松田はコンドミニアムにあったMieleでドライバーズニットを洗い、無事ダメにした。

ミーレWT1 – Miele