Categories
人生 仕事 思索 未来 生きづらさ

一億二千万分の一の自分と、一分の一の自分

1 year

7 minutes read

中垣どうして働かなければいけないのかって話さ、松田は数年前とかに考えてたんかもしれへんけどさ、おれ今ほんまにすごい考えてんの。

松田:はいはい。

中垣:だっておかしくない? そういう人達が本当に生産性が無いのかは別として、いわゆる働かない人達…例えばニートとかと比べて、自分ははるかに、自分が価値があると思うことにコミットしているわけ

松田:積極的に価値を見出して、それにコミットしてると。

中垣それこそが人間だと思う…というか、それ以外に人生の価値なんてないと思うねん。にも関わらず、それだけでは生きていけないのはなんでなんだって、すごい腹立たしく感じるわけですよ。

松田:それを思うんならさ、そのやり方を既存の経済に受け入れさせるように努力しなければいけないというかさ…

中垣:…ですよね。知ってた。

凡庸なサラリーマンにとっての実存的な充実と全く同様に、彼らにとって一般的な社会生活は、そんなことに価値があるとは到底信じられないものなのです。

嶋田:笑

松田:言うたら税金みたいなもんやねんって。おれらだって、それがいくら不十分なものとは言え、既存の社会には負うてるもん

中垣:最近思うねんけど、おれら言うてることだけほんまに立派やねん。偉人みたいなことばっか言ってるけど、実績が無いねんな

倉留:笑

松田:commmonは名言メーカーにまではなれた。早よもっと先に進まなあかん。

嶋田:読んでてまじ深いなとは思ってるで。

中垣:ジョブズと同じ目線でジョブズと同じこと言ってるけど…ジョブズじゃないねんな。

c 自分を過小評価してはいけない

倉留実績が無いからな

中垣:そうね。そこで思ったんが、またちょっと別の話やねんけど、最近死刑について考えてんのね

松田:別の話過ぎん?笑

嶋田:笑

中垣:いや、関係はあるねん。背景を話すと、死刑の賛成反対に関して、おれは元々は「やってまえ」派の人間やってんけど、カミュの『異邦人』を読んで「いやいや」と。「死刑って実のところどうなんだい?」と思って、今はニュートラルやねんな。

カミュ『異邦人』
Image: Amazon.co.jp

  カミュ(1963)『異邦人』新潮文庫

松田:はいはい。

中垣:制度として人を殺すのはいかがなものか、みたいに、例えその死刑囚が凶悪殺人犯だとしても、それと彼が殺されることは切り分けて考えるべきじゃないのか、みたいなことを思ってたんやけど…

松田:はいはい。

中垣:でも昨日、とは言え死刑はあってくれと思ったの。それは今言ったのとは全然違う見方での話で、つまりこれを「制度が人を殺してもいいのか」みたいな話に抽象化したとき、制度って全然人を殺し得るから、そうである限り、死刑だけ切り取って「人が死ぬのはだめだ」なんて綺麗事は言わないでほしいと

松田:あー。

中垣:制度とか国って、基本的には最大多数の最大幸福的な前提のもと、あとはチューニングの世界やと思ってて、だから死刑はあってくれよというか…

松田:少なくともその線で否定するもんではないやろって話やんな。

中垣:そうそう。人道的な立場から死刑を廃止にするっていうのであれば、それはもっといろんなところでの見直しも必要になってくるというか、その思想を全面的に押し出すとすれば国ってたぶん成立しないやん。

嶋田:はいはい。

中垣:要は全員を救うことはできないのではないかって話。それをすごい思ってんけど、さっきおれが言った、なんで働かないといけないんだって話もそうで…

松田:はいはい。

中垣制度におけるおれっていうのはさ、一億二千万分の一なわけなんだけれども、おれにとってのおれは一分の一やねんな

これは名言連発の予感

松田:はいはい。

中垣:で、そこの擦り合わせに失敗すると、働きたくないけど働かなければいけない、みたいなことになるねんけど、要はそういう議論な気がするねん。

嶋田:あー。

中垣:こんなん当たり前のことやねんけど、あまり考え過ぎると、考え方が一分の一のおれにシフトしちゃうわけ

松田:うんうん。

中垣:そこで「おれがどう思うかが問題なのである」みたいな気持ちになると、究極的には「なんでおれが働かなければいけないんだ」みたいなことになるんやけど…

嶋田:あー。

中垣:きっと多くの人はそこの擦り合わせができるんやで。きちんと教育を受けてくることで、一億二千万分の一としての自分を自覚して、社会にフィットして生きていくっていう適応ができるようになるねん。もちろん自分もある程度はできるんだけども、中には全くそうじゃない人もいると。

Soource: Stanford/YouTube

“Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma – which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of other’s opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.”

– Steve Jobs

Source: goodreads

松田:うんうん。

中垣:で、そうじゃない人ってすごい大事やねん。一分の一の自分、自分が感じて見て聞いたことを信じられるっていうのはすごい大事…なんだけど、それが本来の人間の姿だと信じたいんだけれども、なんと言うか、富裕層でもない限りは、その自分を大事にしつつ一億二千万分の一にアジャストしていく力も必要で。

c 「お金がないからできない」のなら辞めちまえよ

嶋田:うんうん。

中垣:なんかたぶん、おれらに足らないのはそこやねん。つまり一分の一の方面ではもうやりきったというか、あとは今の自分を大事に育てていけばいい、みたいな感じやねんけど、いかんせん一億二千万分の一へのアジャスト力が無さ過ぎて

松田:笑

中垣:し、今までのところ何となく生きてこれてしまっているから…

松田:それはほんとそう。

おれらのメディチ家はどこにいるんだ?

嶋田:笑

中垣:ってか、そう考えると社会って結構すごいと思うよ。だって、人間として生まれた人間のおれからしてみれば、結構いびつな社会なわけよ。すごく特殊な訓練を受けないと生きていけない社会なわけ。

倉留:うんうん。

松田:一分の一の中垣からするとね。

中垣なんだけど、みんな特殊な訓練を受けてきて、基本的にみんなちゃんと生きていけてるねん。これはすごいことやで。

倉留:はいはい。

中垣:なんなんだって思っちゃう。なんでみんなにはそれができるんすか?

嶋田:うーん。

中垣:まあ松田はね、おれに聞かれても…って感じやろうけど。

松田:笑

中垣:最近ほんまに分からへん。

嶋田:でもそれってあるやろうな。大抵の人は一分の一の自分が強くないもん。そこに無自覚で生きてられるもん

中垣:そうやんな。

嶋田ある瞬間、きっと人生の初期、それこそ自我が芽生える前くらいに、「こうやったら楽やん」っていうのをなんとなく知って、そっからどんどんソルジャーモードになっていくじゃない?

松田:うんうん。

嶋田:むしろ一分の一の自分について考える方がしんどいからさ。

倉留:あー。

松田:で、定年退職後にアイデンティティクライシス。

中垣:そうやんな。

嶋田だからおれは、一分の一を生きている人達を大事にするべきやと思うけどな

松田:でもそう考えるとあれやんな、中垣と同じくらい、中垣の同僚もしんどいと思うよ

中垣:あー、逆のしんどさがあるってこと?

松田:そうそう。一分の一の自分を見出せないというか。だってたぶん、土日の夕方とかふとした瞬間に、私が私であるとはどういうことなのかみたいな、そういう疑問が全く浮かんでいないってことはないと思うねん。

中垣:うーん、そうかそうか。あと彼ら…なんでか仮想敵みたいになってるけど、寂しいって気持ちがすごくでかいように見てて思うねん。なんでそんなにつるみたがるの?ってすごい思う

松田:あー、確かにね。おれらの見地からすると、孤独は最高のラグジュアリーやもんな

倉留:笑

嶋田:クソかっこええやん笑

中垣:そうそう。自分が自分であることを他人に担保してもらう必要がないわけやん

おれは素敵っておれが言ってる

松田:うんうん。

中垣:彼らはそれをすごい必要としているように感じるというか。

倉留:あー、確かにね。

松田:それはそうやな。

中垣だからサークル超嫌いやってん

嶋田:笑

松田:でもやっぱり、サークルの飲み会があったら参加せずにはいられないっていうマインドはしんどいよな。彼らは彼らなりに大変やで。

中垣:だからメンヘラとかってあれなんかね、一分の一にきわめて近い、一億二千万分の一の人みたいな。

松田:あ、そういうことね笑 漸近してるけれども絶対に一分の一にはなれなくて、一億二千万分の一に逃げちゃってるんか。

中垣:そうそう。一番恐怖やんね。でもあれやろ、一億総セミナー社会的な話でいくと、そういう人のことをこそ考えないといけないよね

嶋田:何それ?笑

松田:一億総セミナー社会っていうのは、人類の生産性が向上した結果ベーシックインカムが導入されるなりして、基本的な豊かさが労働に依らずして得られるようになった先にある、全員が一分の一の自分を大事にして、自分とは何かという実存的な問いに答えなければならない…でもそういう重責ってどうしても一人では担いきれないから、そこで口の上手いやつが現れて、そいつが教祖になってその周りに信者が群がるっていう、そういう群雄割拠の世界のことやねんけど…

嶋田:笑

倉留:笑

中垣:そうそう。そこでcommmonは一億総セミナー社会の良心であり続けるねん。早くその時代来てほしいよな…

2020年6月19日
Aux Bacchanales 紀尾井町


ハンナ・アーレント
HeaderImage: The Guardian

ドイツ出身の哲学者・思想家のハンナ・アーレント。彼女の政治思想の集大成としては『人間の条件』が有名で、ちくま学芸文庫版の帯にある「思考で世界は変えられる」の文言は、まさに彼女のスタンスを簡潔に表してる。
彼女の言う「活動」や「自分を世界の中に挿入し、自分の物語を始めるという自発性」は、一分の一としての自分を損なうことなく一億二千万分の一の自分を実践する上で、大いに参考になります。