Categories
おもしろ小ネタ 思索

「社会人」「シュタイナー教育」「オーガニックマザー」

1 year

5 minutes read

西川:「社会人」って言葉についてなんだけどさ、なんで社会人って言うんだろう

松田:ね。

西川:今まで当たり前のように言ってたの。「まだ社会人じゃないから」とか「社会人になったんだから」とか。でも冷静にさ、社会人って…

松田:いやほんまに。ちゃんちゃらおかしいよね。

西川:それ何人?って思って。

松田:うん。

西川:それで私、松田と中垣さんの会話を読んだの。自分自身がいる一方、社会にフィットしなければいけない自分もいて…みたいな

松田:「一億二千万分の一の自分と、一分の一の自分」ですね。

c 一億二千万分の一の自分と、一分の一の自分

西川:あ、そうそう。

中垣:おー。

西川:おもしろいなって思って読んでたんだけど、あれを読んで思ったのが、社会人っていう言葉の意味は一億二千万分の一の自分ってことなのかなって

松田:あー、確かにね。あの文脈で言うと確かに、社会人っていうのは一億二千万分の一の自分ってことやんな。

問題は一億二千万分の一の自分になるために、ほとんどの人が一分の一の自分を捨ててしまうことなんだよ

中垣:まあみんな気分で言ってるよな。そんな言葉は全部無視したらいい。

人間の知性の本質が言語にある以上、自分の行使する言語に誠実さと厳密さを徹底することなくしては、現実を正しく認識し、それに有効にはたらきかけることはできません。

西川これって日本だけなのかな

松田:おれは知らん。

西川:海外ではあんま言わないイメージがある。

海外っていうとリビアとかアフガニスタンとかも含まれるんだぞ

中垣:でもめっちゃ適当やけどさ、海外やと教育の場面で、生徒が既に社会人として扱われる感じあるやん

松田:一億二千万分の一の自分を早い段階で意識してそうやんな。

河東:あれは? 藤井聡太が受けてた教育ってなんやったっけ?

西川:あー、なんだったっけ。なんとか教育ってやつですよね。

でしょうね

河東:年齢関係なくギュッとしてぶち込んで、上級生が教えていくみたいなやつ。

松田:あれでしょ、ジェフ・ベゾスも、みたいなやつでしょ。なんやったっけな、シュタイナー教育の仲間みたいな…

西川:あ、モンテッソーリ教育だ

モンテッソーリ教育 – Wikipedia

河東:それやそれ。やっぱ藤井聡太はさ、テレビで見ててもゾクゾクするねんな。インタビューとかやばない? あれはキマってるで

松田:笑

河東:「ミスが出てしまったのは…実力だと思います」って。テレビに写っていい人じゃないよ。

中垣ゾーンに入ってるもんね

河東:かっこ良過ぎるよ。

松田:モンテッソーリ教育ははっきり言ってあんま知らんねんけど、シュタイナー教育のシュタイナーはね、かなり強いよ。彼の書いたニーチェの解説本がめちゃめちゃいいねん

中垣:そうなんや。

西川:『ニーチェ みずからの時代と闘う者』、これ?

ルドルフ・シュタイナー『ニーチェ みずからの時代と闘う者』岩波文庫
Image: Amazon.co.jp

後半はシュタイナーのスピリチュアルワールドが爆発しているので、前半だけ読めばいい。また内容もさることながら、人が他人の思想に共鳴し、それを理解するだけでなく、自身のものとして確信を持ってみずからの口で主張する様には、いかなる知的更新もこのようにあるべきだと思わされる。
すぐに「あ、その本読んだことあるよ」とか言うやついるじゃん。大事なのはそこじゃなくて、その結果あなたがどのように考えられるようになったかなんですよ。

ルドルフ・シュタイナー(2016)『ニーチェ みずからの時代と闘う者』岩波文庫

松田:あー、そうそう。それがむっちゃいい。

松田:ただシュタイナーの問題はね、彼は基本的にめちゃめちゃスピってるやつで、彼が世界観を爆発させた本がちくまから出てるねんけど、それとかはまじで何言ってんのか分からんかった。ほんま意味不明やった。

ルドルフ・シュタイナー『神智学』ちくま学芸文庫
Image: Amazon.co.jp

ルドルフ・シュタイナー(2000)『神智学』ちくま学芸文庫

中垣:笑

松田:あとシュタイナーは健康に生きることについても言いたいことは多いみたいで、「じゃがいもは食うな」「アーモンドめっちゃ食え」みたいなことを延々と説いてる。

河東:笑

松田:そういう危うさはあるねんけど、まあエッセンスさえ抽出すればなかなかええこと言うてると思うよ。

中垣:松田、親が結構そっち系やんね。

西川なんとかマザー…

c 恐怖のオーガニックマザー

松田オーガニックマザーね。おれ小学生のときにシュタイナー教育やってるオルタナティブスクールに顔出したことあるねんけど、まあ悪くはないねんけど、あれ一本でいくのは危うさあると思う。

松田:そらね、そういうオルタネティブ教育からも、当たり中の当たりとして藤井聡太みたいなんも生まれはするでしょうけど…

中垣:笑

松田基本的にはpatagoniaの店員みたいなやつを生産して終わりちゃう? 歩留まりは必ずしも高くない気がする。

patagoniaは製品しかいいところがない

河東:おれこの前、patagoniaのエシカルなスタンスにはすごい共感するし製品も好きやけども、けつを拭くトイレットペーパーの消費を減らすことはできないっていう論文を心の中で書いた

西川:笑

河東:おれが使うトイレットペーパーの量をpatagoniaの人が見たらドン引きすると思うねんけど、それでもpatagoniaが好きって言わしてほしい。

中垣:別に紙使うぶんにはpatagonia的にもいいんちゃう? 木やし。あかんのは石油系でしょ

あとダム

ダムネーション:石木ダム建設阻止活動をご支援ください – patagonia

松田:patagoniaな…服は最高やのに店員むっちゃきしょいもんな。patagoniaの店員のおばちゃんみたいなやつほんま嫌い。臭そうやし。

中垣:笑

松田おれ一生漂白剤使うもん

河東:むっちゃオーガニックなはずやのになぜか臭い。オーガニックは臭い説はあるよな。

松田:でも待って、それはほんまにあるねん。なんか母親が家族ぐるみで仲良くしてた一家がおってんけど…

河東:うんうん。

松田:彼らはもうガチ勢なの。結構しっかり山の奥のほうに暮らしてて、田舎の広い敷地で認可の降りてない保育園みたいなんをやっててんな。

中垣:コミューンやん。

西川:笑

松田:でもね、そこの一家は確かに変な匂いがしてん

中垣:…そうなんや。

松田:まじで。

中垣:それ結構強烈やな…

西川:笑 まあね、そこまでやるんならいいと思うけどね。そういうことがしたいのなら山奥に住んでから言えよって

ほんとそれだぞpatagonia店員。葉山はなんの落としどころでもないからな

中垣:でもさ、山奥に住むんなら人間である必要がないよね。犬にでも生まれたらよかったやんって話やん

松田:ほんま、ほんまそれやねん。ああいう豊かさを志向しない感じがおれはすごい嫌いやねん。

中垣:「猿にでも生まれたかった」って言うんなら、まあええねんけど。

河東かと言って人間ではありたいし、セックスもしたいわけやん

中垣:そうそう。

2020年7月10日
Aux Bacchanales 紀尾井町