Categories
TOKYO 人生

【教えて大森さん】子育てについてはどう考えますか?

1 year

7 minutes read

中垣大森さんに子育てについて聞きたいです。自分の子供は、それこそ東大に入れるのか、いわゆる進学校に入れるのか、中学校から私立に入れるのか、小学校から私立に入れるのか…

大森:おれは絶対中学受験させる。

中垣:あ、なるほど。大森さんは中学受験組ですよね?

大森:そうそう。高校受験って中三で勉強させることになるじゃん、それって何かの芽を摘んでいる可能性があるなって

中垣:あー…僕ら二人は高校受験組なんですけど、こっちの言い分としては、むしろ公立中学校に行っててすごいよかったなと思ってて。

大森:あー、そうなんだ。

松田:勝手におれを巻き込むなよ笑

中垣:まあ高校も公立に行った人ほどとは言えないにしても、地元のヤンチャな人がいたりとか、共学の…モテなかったにはしても文化祭のあの感じとか、そういう世間の人々が体験する青春っぽいものとか人間関係っぽいものをある程度経験できたという意味で、まあよかったのかなって

大森:よく言うのは、私立だと同質化された友達同士の中で過ごすことになるから、公立のややカオスな中で、社会にはいろんな人がいるんだなということを知っておいた方がいい、みたいな話はあるけど…

中垣:そうですそうです。

大森:確かに自分はあんまりその辺知らないっていう自覚はあるんだけど、知らないことで困ったことは全くないし、それによって自分の視野が狭くなってるって思ったこともないし

進学校には中学受験で入学するのがいいのか高校受験で入学するのがいいのか問題は、当事者の経験がアイデンティティの形成の時期と重なることもあり、個人の経験を前判断的に抽象化し理論化するのが難しいテーマです。
具体的には、高校から入学した人は中学から入学した人に対して、同性しかいない環境で純粋培養された偏狭な社会性を見出して「きっしょ」と感じますが、それと対照して自身のアイデンティティを強化するため、公立中学校における多様性を過度に評価する傾向があります。
一方中学から入学した人は進学校に始まるエリートコースの上では最適化された選択をしているため、それにより不自由を感じる機会はほぼなく、自身の選択を社会全体に一般化する動機がそもそも生じ得ません。
まああれです、結局全員インキャってことですね。 異論ない? もういい?

松田:まあね、その経験の有無は、必ずしも公立私立の違いにのみ依るものではないしね。

中垣:確かに。

大森:一方でなんか、小六ってそこまでやりたいことないけど、中三って例えばめっちゃサッカーしたいとか、勉強以外のやりたいことをとことん追求したい時期じゃん

そんなにか…?と思ったけれども、そもそも自分は中三のときは勉強していたので、中三より小六のときの方が勉強以外のしたいことをしていたなと思うのは当然だし、逆もまた然りである。

中垣:あー。

大森:なんならそこで取り組んだことがそいつの将来を規定することもあるわけで、それなのに中三だから勉強してくださいっていうのはちょっとな…って。

中垣:確かにそれはあるかも。

松田おれは最近中学受験させる派に傾いてるよ

大森:あ、そうなんだ。

中垣:それは同じ理由?

松田:うーん、まあそうやな。6年間ぶっ通しでやりたいことやるみたいなのは、結構大事なんじゃないかって

中垣:それは確かに言われるとそうかもな。それこそ Tehu みたいな例って…まあ彼がいい例かは知らんが、あれは高校入学組からは絶対出ないんですよね

Tehu – Wikipedia

大森:はいはい。

中垣:要は「6年間好きなことをやっていいよ」っていう前提のもとで、初めてできることがあるっていう。

大森:受験みたいなものから距離を置けるっていうね。

受験に失敗する経験も想定もない、強者の理論感は否めない

中垣:それでちょっと思うのは、いっそ慶應の幼稚舎に入れて、あとはエスカレーター式で最終的にはSFCにでも行けばいいし、別に大学行きたくなかったら行かんでもいいし…みたいなの方がいいんじゃないか、とか。

慶應 幼稚舎
Image: 慶應義塾幼稚

慶應義塾幼稚舎

大森:確かにね。

中垣:なんて言うか…変な受験マインドみたいなのってあるじゃないですか。「正解ってなんですか?」みたいな。あれってやっぱりよくないと思うんで

大森:ずっと附属でいく…でもそれって慶應幼稚舎一択になっちゃうよね。それで成城とか成蹊って「いや、それはそれでいいのか…?」みたいなさ。

こらこら

松田:笑

大森:つまり、周りのレベルも一方で大事だとは思っていて。

中垣:うんうん。

松田:おれの考えているのは、中学から麻布に入れて、6年間経済的にもずぶずぶに甘やかすっていう

麻布学園 麻布中学校 麻布高等学校

大森それはね、一番いいと思う。一番いいよ。

松田:笑

中垣:大森さんは子供に中学受験はさせると。じゃあ大学はどうですか? 関与しないですか?

大森:うん、大学は関与しない。その年になるともうね、選挙権もあるし立派な個人じゃん、って

中垣:そうですよね、そこで個人であると自覚できる高三にはなってほしいですよね。

大森:あー、そうだね。よくありがちなのは、たとえ開成とかでも高校から入ってくるやつは入学したらすぐに次の受験があるわけで、勉強のことしか考えてないってなるじゃん。

中垣:うーん、そうですよね。

大森:それは退屈だなって。結局、高校から開成に入って東大受けないやつってあんまりいないと思うんだよね。高校から開成に入って「おれムサビ行くわ」みたいなやつって絶対出てこない

武蔵野美術大学

松田:うんうん。

中垣:あー、確かに。

大森:高校受験で進学校に行くことは、ある意味で人生を限定しちゃうとは言えると思う。

中垣:それはそうですね。

大森:だから将来の選択の幅を広げるっていう意味と、なんやかんや知的な刺激は偏差値の高い環境の方があるっていう意味で、中学受験で中高一貫校に入るのがいいのかなって。

中垣:なるほど。

大森:あとおれがまだよく分かんないのはさ、和光学園とかって謎にミュージシャン輩出してるじゃん。あれは何なんだって。

和光学園

学校法人和光学園 – Wikipedia

中垣:あー、ハマ・オカモトとかか。あれ公立ですか?

大森:あれは私立だよ。どういう校風なんだろうって。偏差値が高くて知的刺激にあふれてるのとはまた違った、別の刺激があるのかな。

松田:ふーん。

大森:まあ著名人の子息が通いがちな学校だから、学校以前に家庭環境が特殊っていう話はあるんだろうけど。

中垣:はいはい。あとこれはどうですか? 子供が何かを欲しいって言ったとき、躊躇なく買い与えるのかどうか

大森:笑

松田:僕は子供が大学生にもなったら、家族カードを渡すから勝手にやってもらいたいですね。

まずはてめーの今の生活をなんとかしろ

大森:えー、でもおれは内容を審査すると思うな。

中垣:プレゼンさせます?

大森:うん。でも逆に言うと、プレゼンの内容次第ではどこまででもいいよ。

松田:吉原でも?

中垣:笑

大森:金額の上限を設けないってことね笑 消費じゃなくて投資なんだなっていう判断がおれの中でできれば、そこはかなり幅広く価値観を受け入れようとは思うよね

だからそういう成長にあまり意味はなくて、やっぱりゾーンに入ることを目標にするしかないと思う。それをいかに体験するかやと思う。それができさえすれば、そのときにやっていることが将来何にアプライできるかなんて考えなくていいねん。それそのものが価値なんだから。

Source: commmon

c 自分を過小評価してはいけない

高給取りのエリートで、おしゃれで音楽も詳しい先輩に何と言われようが、やはりこう思いたいのである

中垣:でもそれ、大森少年はできるんですけど中垣少年はできないんですよ。プレゼンしろって言われたらヒヨって「やっぱいいや…」ってなっちゃうと思うんですよね。

大森:いや、別にただ欲しいだけでもいいんだよ。それに対して軽い問答をするくらい。

中垣:あー。

大森:ギター欲しいって言われたら「じゃあなんなら教室も通う?」みたいな、それくらいの感じ。

中垣:はいはい。

大森:要は買って3日で飽きるとかはやめてね、って。

松田:あー、3日で飽きるのはだめなんですか?

大森:3日で飽き得るんならいったん安いやつから始めようよ、とか。

松田:へー。

大森:でもそういうコミュニケーション自体がわりと大事なんじゃない? 家族カード渡しちゃうとコミュニケーションが発生しないじゃん。

松田:あー、まあまあ。

中垣:それはそれでおもしろい人に育ちそうですけどね。何の制約も受けずに育つっていう

家族カードで勝手に1,000万円の車を買った某製薬会社会長の孫を思い出しました

松田:おれはその辺も込み込みでポイって本人に丸投げしたいな。それでスポイルされるなら、それは本人の責任って感じやし。

中垣:笑

大森:でもそれギャンブルだよね。それがいいっていうか、ただの賭けじゃない?

松田:あー、だからそこですよね。そもそも僕はそこまで介入する気もないし、し得るものとも思っていないですね

大森:でもそれさ、子供持ったことないから結局分かんなくない?

松田:それは今ここにいる全員がそうですよ笑

中垣:笑

大森:なんだかんだ干渉したくなる気がおれはしてんの。自分の親は結構小うるさかったから、ああはなりたくないみたいな気持ちはありつつも、当時小うるさかった親の気持ちが自分にも分かってくる、みたいな予感がなんとなくある。理由は特にないけど。

中垣:あー。

大森:あと最近、ちょい上の世代が子供を持って溺愛してる様子とか見てるから、小さいときにそれだけ溺愛したらそりゃ介入もするよなって

大森:サンクコストバイアスじゃないけど、そこまで溺愛した相手に「はい、あとは勝手にやってね」って、そんなこと言える?って。

中垣:あー。

大森:「こんなに手塩にかけて育てたんだから思い通りに育ってくれよ」って、大きな声では言わないけれど心の片隅で思わざるを得ないんじゃないかなって。もちろん、みんな口では「放任ですよ」「子供の好きにさせますよ」って言うんだけどね。

Source: シネマトゥデイ/YouTube

そして父になる – Prime Video

病院から帰宅する車中の「やっぱりそういうことか…」のシーン、こうはなりたくないなと思いました

中垣:まあそうですよね。

松田:おれは頑張りきりたいな。

大森:まあ自分がどこまで冷静でいられるかは分からんよね。

2020年9月10日
Aux Bacchanales 紀尾井町


慶應 幼稚舎
HeaderImage: 慶應義塾幼稚舎

1874年に設立された、日本で最も古い私立小学校のひとつである慶應義塾幼稚舎。6年間クラス替えがなく、さらに6年間を通じて同じ担任が持ち上がる仕組みをとっている。
幼稚舎に入ると慶應大学までエスカレーターで進学できることなどから人気が高く、一学年144人の定員に対して10倍以上の志願があり、ペーパーテストではなく「体操テスト」「行動観察テスト」「絵画・製作テスト」によって合否が判断される。