Categories
ファッション

【シリーズ】今日のファッション 01

4 weeks

中垣:ちょっとね、河東とかタカが来たときにはその日着てる服について聞こうかなと思って

タカ:いやぁ、今日の服はなんでもないねんけどね…

松田そのバッヂはどちらで…?

中垣:笑

タカ:このバッヂはさっき道端でもらってん。

中垣:新興宗教? セミナー系?

松田:笑

Image: commmon

at heart なだけならまあいいんですけどね…

c 我々はウィークエンドニートである

中垣:上はRRLやんね?

タカ上下どっちもRRLやで

1993年にデビューし、コロラド州にあるラルフ・ローレン夫妻が所有する”RRL (ダブル・アール・エル)牧場”にちなんでその名が付けられたダブルアール エルは、セルビッジデニム、ヴィンテージウェア、アクセサリーと、ワークウェアやミリタリーウェアにルーツを持つクールでラギッドなスポーツウェアを提案します。デニムを中心に展開するダブルアール エルは、リングスパンコットンや伝統的な染色技術、職人技を感じさせる手仕上げなど、歴史を感じさせるディテールや最高品質のワークマンシップにこだわり、他には見られない、耐久性の高いアイテムを生み出しています。

Source: ZOZOTOWN

RRL – ZOZOTOWN

中垣:RRLの…ジーパン?

タカ:ペインターやな。上のカバーオールとセットやねん。

RRL – 別注Engineer Coat & 別注Painter Pant《谷尻編》 – LOFTMAN COMPANY

中垣:あー、はいはい。ロフトマンにいたときに買ったやつやんね。そのジャケットもいいよね。

タカ:これは無茶苦茶いい。なんか、別にアメリカ製やからいいってわけでもないねんけど…でもアメリカ製のRRLのカバーオールはもう作ってないって聞くと、やっぱ欲しくなるやん?

松田:あー、そうなんや。

中垣:それが最後の生産で…みたいなやつなん?

タカ:いや、もう無かったのをロフトマンでお願いして作ってもらってん

The Special Issue RRL – LOFTMAN COMPANY

松田:へー。

タカ:オーダーのミニマムロットが120枚とかで、ジャケットとパンツそれぞれ120枚ずつ作ってもらってん。

RRL 別注Painter Pants – COOP UMEDA 2nd Floor – – LOFTMAN COMPANY

松田:あー…いかついな。それかなり多い数やんな?

タカ:めっちゃ多い。だいぶ気合入ったオーダーやな。

中垣:それを他のお店に卸したりもできひんの?

タカ:あー…でもRRLは日本法人もあるし、別注やからってうちが勝手によそに卸すのはできひんのちゃう?

中垣:確かに。てか日本法人があるのに直接オーダーとかってできるん?

タカ:あー、でもアメリカに行ってオーダーしてたな。

松田:あ、日本法人経由じゃないんや。

タカ:普段は日本法人経由やけど、これに関しては直接やったな。

中垣:それ日本法人との関係性は大丈夫なん?

タカ:まあ大丈夫なんちゃう? そもそもうちは店のディスプレイ替えにアメリカのVMDのチームが来てくれるし

中垣:え、すご。

松田:すごいな。

タカRRLを個店に卸したんがロフトマンが初めてで、どうせやるんならちゃんとやってほしいって言って改装費も向こうが半分出したかなんかで。

松田:へー。

タカ:それでこのパンツ、今のRRLのペインターは3本針の中国製しかないねんけど、カバーオールに合わせて2本針にしてもらってるねん

RRL ロフトマン 別注
Image: LOFTMAN COMPANY

中垣:そういうことか。

タカ:で、久しぶりに着たくなって今日着て来た。

中垣:まあ確かに、デニムのセットアップってたまに着たくなりそうやね。

タカ:色が濃いからさ、ラギッド過ぎずフラットに着れるんよね。

中垣:ほんでそのTシャツは?

タカ:これはですね、朝まで渋谷で遊んだときに汗がすごくてドンキで買った、ヘインズのジャパンフィットの5.3ozのやつ

ヘインズ ジャパンフィット
Image: Hanes

Hanes T-SHIRTS Japan Fit クルーネック

松田:笑

タカ:ちゃうねん、これが結構いいんよ。

中垣:いいんや笑

タカ:5.3ozにリニューアルしてから買ったことある?

中垣:ないない。

タカまず白がむっちゃ白いやろ。白が濃いねん。

白が濃い

中垣:うんうん、蛍光系の白やね。

タカ:普段はヘインズは赤パック着てるねんけどさ、あれと並べたら全然ちゃうねん。

c 00年代ファッションを懐古しながら考える、Vネックの白Tの着こなし方

中垣:そうなんや。

タカ乳首も透けへん

中垣:これアームはどうなってるん…

ヘインズ ジャパンフィット
Image: Hanes

アームホールはタイト目

タカ:おれが着てるのがMやな。わりといいよ、実は気に入ってる。

中垣:エピソード込みでね笑 で、ポーチは例の名品ね

タカ:これね。松田には言ったことあったっけ?

松田:中垣から聞いたかな。

DAVIS NYLON PURSE UNITED ARROWS

UNITED ARROWS DAVIS NYLON PURSE

中垣:UAのオリジナルで、なぜかファスナーがエクセラっていう

“EXCELLA”(“エクセラ”)は、エレメントひとつひとつの全面に入念な磨きをかけた滑らかなファスナーです。美しく輝く本金メッキなど、豊富なエレメントカラーのバリエーションで衣類・バッグを引き立てる、品位・風格ともファスナーの貴婦人です。

Source: YKKファスニングサポート

EXCELLA – YKKファスニングサポート

エクセラの8号、マットホワイトブロンズが僕の一番好きなファスナーの歯です

松田:それでなんぼなん?

タカ:上代5,000円。下代はピー

松田:あー、ええやん。

タカ:名品ですよ。

松田:ほんでベルトはあれやんな。持ってるパンツ全てがイージーパンツになるという…

タカ:そうそう。

中垣みんな持ってる。おれも買ったもん。

LAIGLON エラスティック ベルト1 – UNITED ARROWS

松田:サンダルは?

タカこれはレインボー。もう7年選手やね。

中垣:7年か…

貴重なMADE in USAのレインボー! – BOUTIQUE HERMITAGE

レインボーサンダル #301 – 楽天市場

松田:いまいち分かってへんねんけど、レインボーサンダルってどういうサンダルなん?

タカ:うーん、おれもよく分からん笑 サーファーが作ってるサーファーのためのサンダルってイメージ

ジェイ・“スパーキー”・ロングリーはラグナ・ビーチにある自宅ガレージでサンダルを試作していました。200ドルを出してミシンとゴムを少々買い入れ、彼の野望に取りかかりました。それは世界で最もよいサンダルを作るということです。スパーキーは最初にホビーと言う店のディック・メッツにサンダルを売ることとし、まず6足を委託販売で置いてもらいました。彼らの売上でスパーキーは12足を作るだけのお金を稼ぐことができたのです。ホビーでの委託販売を進めている間に、スパーキーはソーダスト・フェスティバルの駐車場でサンダルを売ろうとしました。おそらくはソーダストの主催者と、出店料を払っていた他の出店者たちが怒ったために、スパーキーはサンクレメンテに移るよう勧められ、そこで彼は1974年正式にレインボーサンダルを開始したのです。

Source: RAINBOW SANDALS

なんやこのユースなエピソードは

松田:なんかさ、メイドインUSAとそうじゃないモデルがあるよね?

タカ:あー、あるな。モデルっていうよりは、100足オーダーしたら100足に一足ぐらい、たまーにアメリカ製が紛れてるらしい

松田:え、どういうこと?笑

中垣:笑

タカ:なんかそうらしい。代理店の人もよく分からへんらしいねんけど、100足に一足くらいあるらしい

中垣:どういうことやねん笑

タカ:別に値段も変わらんから、古着屋の人は現地でアメリカ製だけ探して仕入れたりするらしい。

中垣:あー、そういうことか。

松田:箱に書いてるん?

タカ:箱は無いねんけど、本体のロゴの下にUSAって書かれてたはず。

松田:ほーん。あとさ、なんかダブルソールみたいになってるモデルもあるよな?

タカ:そうやね。おれのはシングルやねんけど、もう一枚ソールが入ってるやつもある。

中垣:そうなると結構分厚いよね。

タカ:うん、その分履き着心地もいい。でもさ、サンダルで分厚いのってちょっと嫌じゃない?

中垣:あー、分かるよ。

タカ:って感じ。まあこれは惰性で履いてるな。7年も履いてるとね。

中垣:でもそうなると逆にいいよね。惰性で着られる服、それってすごくよくない? なんだかんだ、おれはこの服は捨てんかってんなって。

タカ:あー、それはあるね。

松田:特にサンダルなんてすぐ捨ててまうからさ、何年も履いてるのはちょっといいよ。

中垣:でも7年も履いて死なへんのはすごいな。おれのローカルズとかはもう…

タカ:ローカルズは薄いからすぐ穴開くやろ。

ローカルズ サンダル
Image: Locals

ORIGINAL SLIPPA(CLEAR) – Locals

Locals 1350 – 楽天市場

中垣:そうそう。

今日のおしゃれTips
「朝まで渋谷で遊んだときに汗がすごくてドンキで買った、ヘインズのジャパンフィットの5.3ozのやつ。これが結構いいんよ」

2020年9月27日
Aux Bacchanales 紀尾井町