Categories
エンタメ 思索

ダンス雑談

11 months

7 minutes read

中垣ピナ・バウシュのドキュメンタリーを昔観たことがあるねん

Pina /ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち (字幕版) – Prime Video

かのこ:あー、それ観たことないんです。

中垣:他はあんま知らんねんけど、それはすごい好きやった。

みなとピナ・バウシュって誰?

中垣:現代ダンスの振付師みたいな人。

舞踊と演劇の境界線を打破し、舞台芸術の新たな方向性を示した振付家

人間の動きの根源的な動機を追及した独自の振付法で、演者と観客双方の感性に肉迫する独創的な作風を確立すると同時に舞踊と演劇の境界線を打破し、舞台芸術に新たな方向性を与えた。

Source: 京都賞

ピナ・バウシュ – 京都賞

松田:はいはい。

かのこ一時代の始まりですね、ピナ・バウシュは。めちゃすごい。

中垣:そうなんや。さっき話した文脈で言うと、彼女のダンスはどこに位置付けられるの?

c コンテンポラリーダンス入門

かのこ:ピナ・バウシュは…イザドラ・ダンカンとかの流れがあって、その次

自分の専門分野を他人に理解させるのは難しいし面倒という前提に立った不誠実な回答はよくないぞ

中垣:全然分からんねんけど笑

次郎:イザドラ・ダンカン、めっちゃ普通に名前出すよね。

イザドラ・ダンカン – Wikipedia

中垣:とにかく、まずは古典ダンスみたいなのがあるわけやろ?

かのこ:そうそう。そこで言う古典ダンスっていうのはいわゆるバレエ。

中垣:はいはい。

かのこ:バレエは今でこそインターナショナルになってるけど、以前はフランスとかロシアの、すごく局地的でナショナルなダンスだったのね

中垣:ほう。

かのこ:それのアンチとして、モダンバレエとかイザドラ・ダンカンが出てきて。

中垣:それはざっくりいつくらいの話なの? 何世紀?

かのこ:それは20世紀の初め、戦前です。

中垣:えーとだから…アンチは2つあるの?

かのこ:そうですね。完全に流れが別で、クラシックバレエのアンチであるモダンバレエと、そもそもバレエのアンチである、アメリカからやってきたイザドラ・ダンカンと

Image: commmon

中垣:じゃあイザドラ・ダンカンっていうのは、ひとつの流派と言っていいくらいすごいんや?

かのこ:そうです。腕をうねらせて「これは波です」とか、何かを抱えるようにして「私は子供を抱いてます」とか。

松田:今まではまずバレエの型っていうのがあって、その型を物語にのせていたと。

中垣:はい。

松田:だから、型と物語の意味内容には排他性のある対応関係がなかった。でも今言ってたのはそれとは逆で、例えば波を表現するときに腕をうねらせるみたいに、実際の動きと意味内容に排他的な対応関係があって、それがバレエとイザドラ・ダンカンとの違いらしいよ

中垣:あー…イザドラ・ダンカンは馬鹿でもわかるダンスってこと?

かのこ:そうそう。観てたらもう、悲しい場面では悲しくなれる。

次郎:せっかくめちゃめちゃいい説明だったのに笑

みなと幼稚園生のダンスってことか

イザドラ・ダンカンが幼稚園生のダンスをしてるんじゃなくて、幼稚園生がイザドラ・ダンカンのダンスをしてるんやで。

かのこ:そう、でもやっぱりすごいんですよ。

鈴木晶(2012)『バレエとダンスの歴史 欧米劇場舞踊史』平凡社
Image: Amazon.co.jp

鈴木晶(2012)『バレエとダンスの歴史 欧米劇場舞踊史』平凡社

中垣ピナ・バウシュはその流れを汲んでんの?

かのこ:いや、全然汲んでないです。

中垣:あ…そっか。

かのこ:笑 イザドラ・ダンカンの後にはもう一回アンチが入るんですよ。全く意味とは関係の無い振り付けで、音楽も偶発性に任せるっていう…それこそまあ、ジョン・ケージとかの流れがあって。

ジョン・ミルトン・ケージ・ジュニア(John Milton Cage Jr.、1912年9月5日 – 1992年8月12日)は、アメリカ合衆国出身の音楽家、作曲家、詩人、思想家、キノコ研究家。実験音楽家として、前衛芸術全体に影響を与えている。独特の音楽論や表現によって音楽の定義をひろげた。「沈黙」を含めたさまざまな素材を作品や演奏に用いており、代表的な作品に『4分33秒』がある。

Source: Wikipedia

ジョン・ケージ – Wikipedia

4分33秒 – Wikipedia

中垣:あー。

かのこ:やっとその次、そこでもう一度物語をやりましょうっていうのがピナ・バウシュ

中垣:はいはい。

かのこ:でも私、実はまだ観たことないからあんまり分かんないんです。

中垣:おれが見たその映画は、まあドキュメンタリーとしてよくできていたのかは知らんが、踊りはすごい好きやった。なんか分かりやすくて、素人目に見てもおもしろかった

かのこ:また観てみます。

中垣:ところでさ、ダンスっていう漠然としたものに関して、まあいろんな視点はあるんだろうけど、かのこ的に一番のおもろポイントはどこなん? 個人的な引きというか…

かのこ:これは私がものぐさだからなんですけど、ダンスってチケットを取らないと観られないし、映像で観るのとはだいぶ違うんですよね。で、行きさえすればまあちゃんと観るじゃないですか。

中垣:うんうん。

かのこ:…みたいな。継続性があるというか、チケットを取りさえすればちゃんと観ることになるのは楽というか

中垣:あーいや…ダンスが好きな理由というよりは、今ここで話が出たみたいに、芸能的な意味のダンスもあれば、アートとしてのダンスもあれば、風俗的なダンスもあって…まあいろいろとあるんやと思うねんけど、そういう意味ではどういうダンスが好きなん?

中垣:それかあるいは、ダンスの型の移り変わりが好きなのか、ダンスによって人々の心に喚起される何かに興味があるのか。いずれにしても、そういう意味で自分的に一番強く惹かれるポイントってなんなん?

かのこ:うーん、なんかめっちゃ消去法なんですけど、卒業論文は絵について書いたんです。でも絵ってそこそこ終わったメディアになってるから、次はパフォーマンスに興味が出てきて、でもそれも一通り流行ってからはちょっともう終わった感じがあって…

中垣:うんうん。

かのこ:その次にダンスにはまったんですよね。で、ダンスって現代アートより前に既にちょっと終わった感じがあるんですけど、20年周期くらいでまたそろそろ波がくるんじゃね?って思って。

中垣:次に流行るものだからってこと?笑

かのこ:笑

みなと:それ一番聞きたくなかったわ笑

中垣:じゃあダンスが好きということではないの? ダンスにすごく心がときめいて、それしか見えないみたいな感じではなくて…

かのこ:いや、好きですよ。

松田:笑

かのこ:あ、でも…今言っても全部嘘に聞こえるかもしれないけど、表象に学部生として入って最初の頃の授業で、「家に帰って晩酌してるときに、あれがああだ、これがこうだ、って思い出せるのが自分の好きな芸術です」って先生が言ってて。

松田:はいはい。

かのこ:ダンスは私にとってのそれだっていうのはあります。

中垣:え…いや、なんか安いな

みなと:傷口広がったじゃん。

松田:そうやんな笑

中垣:そう言えばさっきさ、「踊ってみた」がよく分からないみたいに言ってたけど、その辺りについてもうちょっとなんかない?

かのこ:うーん…TikTokのダンスって、身体性が特にないじゃないですか

中垣:それはどういうこと?

かのこ:まあ「いいね」はできるけど、人間同士のコミュニケーションみたいなものはないから…

中垣:?

松田:そこでの身体性ってどういう身体性?

かのこ:最近ちょっと興味があるんですけど、コロナでzoomの会議が主流になったりしているじゃないですか。

c 新卒即リモートはほんまあかん

松田:はいはい。

かのこ:で、zoom会議のときに現れてる相手の人って自分にとってどういうことなのか、みたいな点に興味があって。それこそ、まさに今の私達は対面で会ってるから、身体的なコミュニケーションもある…というか、まあお互いに affect しているわけだけど

af‧fect /əˈfekt/ ●●● S2 W1 AWL verb [transitive]

1 to do something that produces an effect or change in something or in someone’s situation

2 to make someone feel strong emotions

3 formal to pretend to have a particular feeling, way of speaking etc

Source: LONGMAN

affect – LONGMAN

松田:うんうん。

かのこ:でもインターネット上ではそれがなくて。それって、生同士であって逆に生ではないんじゃないか、もう身体を全て削ぎ落とした概念としての彼と会ってるんじゃないか、というか。

松田:はいはい。

中垣:そういうことね、mind to mind ね。

みなと:やば笑

かのこ:だから現実で会うより疲れちゃうんじゃないか?みたいな話はあると思っている。

松田何物にも媒介されずにローデータを直でやりとりしてる、そういう話やんな。

かのこ:そうそう。

中垣:だから、実は身体はリアリティを持たせるものではなく、むしろそれを逓減させるものであって…

人間は汎用計算機ではなく特定のフォーマットに最適化されたワープロソフトみたいなものであって、そのフォーマットを剥奪されてローデータをぶち込まれても処理できないんじゃないかというお話。

かのこ:そう。zoom会議のディスプレイ越しには非人間的なものが見えてるんじゃないかっていう

みなと:確かに、それはそうかもね。

かのこ:で、それと同じでTikTokで見ているものも非人間なんじゃないか、みたいな話。

中垣:そういうことか。

かのこ:…というのは、まあ一説ですね。西谷修が言ってた

おいずるいぞ

2020年10月30日
Aux Bacchanales 紀尾井町

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

このリンク先でカートに入れた商品は、その売り上げの一部が commmon に還元されます。

また「誰が、何を何と同時に購入したか」は完全に匿名化されており、「何がいくつ販売されたか」以上の情報をこちらから確認することはできなくなっています。ご安心ください。