Categories
お金のこと したいこと 人生 仕事 思索

人生はカタログギフトとちゃうんやで

2 months

6 minutes read

松田:これは大学生のときから疑問に思ってることやねんけど、まじでやりたいことがないとして、家で寝てるのと興味の無い仕事をするのはどっちの方が妥当なのかという話があって…

みなと:笑

松田:それで、個人的にはこれまでずっと、前者の方がまだいくらか妥当性が高いんじゃないかと思ってるねんな

中垣:笑

全ての個人はn人からなる社会においてn分の一ずつの責任を負っており、その一挙手一投足はわずかずつであれ確実に世界を決定しているという考え方からすると、それに対する判断を留保したまま何かに取り組むことは不誠実であると言えます。

c 社会を変えるんじゃないんだよ、お前が変わるんだよ

しかし一方で、人が今日一日を生きるということは既に何らかの形の肯定であり、にも関わらず肯定も否定もない前判断的立場からそれを眺めることは、「私」の系から抜け出たところに形而上の亡霊としての「本当の私」を想定することに他なりません。そうではなく、とにもかくにも一歩を踏み出し、そこに灰頭土面のリアリティを見ることこそが人生だとも言えそうです。

ひとりの僧が師匠にたずねた、「悟りを体験する以前の人はどんな人間でしょうか。」「わしらと同じ、普通の人間だ。」「では、悟りの後はどうでしょうか。」「頭は灰だらけ、顔は泥まみれ。」僧はさらに問うた、「それで結局はどういうことですか。」「ただそれだけだ。たいしたことはない。」これが答えであった。

Source: 鈴木大拙(1987)『禅』ちくま文庫

鈴木大拙(1987)『禅』ちくま文庫

松田:これの意味するところはつまり、自分を全くの真空状態に置くことは結構大事なんじゃないかということやねん。

みなと:あー、なるほどね。

松田:本当に自分の人生に取り組むにあたっては、ほんまにほんまの振り出しに戻る、いかなる常識の残滓も見当たらないところまで後退することが大事なんじゃぁないかなと、こっそり思ってる次第やねんな。

中垣:うんうん。

河合隼雄(2010)『ユング心理学と仏教』(〈心理療法〉コレクション V)岩波現代文庫
Image: Amazon.co.jp

河合隼雄(2010)『ユング心理学と仏教』(〈心理療法〉コレクション V)岩波現代文庫

松田:で、アイデアを出すにはどうすればいいのかっていう問いに対しても、同じことが言い得るんじゃないかなって

マテリアルな経済を駆動させ世界の富の総量を増加させるには、結局のところイノベーションが大事だという話をしていました

c マテリアルな経済とバーチャルな経済

中垣:まあそれを主張するにあたって怠け者を想定してはいけないと思うけどね。あくまで潜在的なバイタリティのある人に限って言える話やとは思うで。

松田:まあせやなぁ…

中垣:ただ、あくまで待つか無理やり何かしらするかという話になると、確かにそれはそうやなとは思って。

松田:うんうん。

中垣:まあ…おれは条件付きで働くというのを選ぶとは思うねんけど、一般的に言うと、やりたいかどうかみたいなことを問わずにとりあえずで物事に取り組むと、“““東大卒の〇〇がやってる〇〇”””みたいなことになっちゃうと思うねん。伝わるかな。

松田:あー、はいはい。

c 肩書きはただのエンタメ、お前が何者であるかとは関係無い

中垣:あれは、自分のゼロ地点を見定めないまま走り出したせいで、やってるうちに見つかった「これはワンチャンいけんじゃね」に飛びついてしまった結果やと思うねんな。

松田:うんうん。

—— 若者世代の不安もあるのではないでしょうか。先行きが見えないからこそ「老後2000万円とか無理だし、今ワンチャン一発当てとけ」と。

若い人たちに言いたいのは、皆さん一体何が目的なんだ、ということですね。

金融市場からすれば、僕たちは競馬の馬なんですよ。

確かに1番になれば莫大なお金が入ってきます。でも残りの99人は負けて終わりです。

投資している側からすれば、ポートフォリオを組んでいるだけだから、100個に投資して1個当たればいいのです。だから、何かのきっかけで『鬼滅の刃』みたいにポンと大当たりが出るかもしれない。その可能性に「ワンチャン」賭けて、同じようなコンテンツが無数につくられていてもかまわない。

しかし、投資されている側であるクリエイターは100人中99人が死ぬ。自分の人生には、ポートフォリオは組めないのです。

本当は全ての人がお金儲けをしたいわけではないはず。その目的をはっきり自覚すれば、好きなことで生きていく方法はいくらでもある。でもそれを真剣に考えないから、みんな本当は馬なのに、投資家の発想になって「ワンチャン一発!」という考えになってしまうのです。

Source: BUSINESS INSIDER

新著『ゲンロン戦記』が異例のヒット…東浩紀氏に聞く「インターネットの失われた10年間」 – BUSINESS INSIDER

中垣:まあそれも否定はし得ないけど…でもそれって、彼あるいは彼女から排他的に出てきた何かではないよね

松田:そうやねん。

中垣:だから途中で辞めちゃうか、そのまま続けてても「…ハァ」ってなっちゃうねん。たぶんやけど。

…ハァ😩

みなと:笑

松田:そう。だからそういう意味に限っては「とりあえず手を動かせ」論はおれは嫌いやね。そんなんしたところで、意味分からん肩書きを名乗ってTwitterを頑張って、あってもなくてもいいサービスを生み出すしかなくなっちゃうもん

Peter Thiel(2015)『Zero to One』Virgin Books
Image: Amazon.co.jp

まだ多くの人が認めていない「隠れた真実」に邁進することが説かれています。

People are scared of secrets because they are scared of being wrong. By definition, a secret hasn’t been vetted by the mainstream. If your goal is to never make a mistake in your life, you shouldn’t look for secrets. The prospect of being lonely but right—dedicating your life to something that no one else believes in—is already hard. The prospect of being lonely and wrong can be unbearable.

Source: Peter Thiel(2015)『Zero to One』Virgin Books

Peter Thiel(2015)『Zero to One』Virgin Books

中垣:まさにそういうことやね。それでさっき条件付きって言ったのは、何もせずに心が沈むのであれば、とりあえず何かに取り組んで健やかな日々を過ごした方がいいと思うってことやね。でも自分探し的な目的で手当たり次第に何かするのはよくないよ、ゼロ地点が大事なのはほんまそれやな。

松田:井戸から湧く水みたいなもんでさ、最初に濁った水が入ってたら、それが晴れることはいつまで経ってもないよね。やっぱり最初の最初にしっかりと原点を見定めるっていうのは大事やと思うな。

中垣:なんか学生のときにさ、“““東大生の”””みたいなのをやってる人って周りにたくさんいたやん。起業でもイベントでもなんでもいいねんけど。

松田:はいはい。

かろうじてこういうのやったことはあります。第二回目にして大学当局により排除され解散したけど

中垣:あれを見てて、なんかすごい違和感あったやん。

松田:あー、確かにあったね。

中垣:もちろんひとつには妬みとか、あるいは自分がひねくれ過ぎてるのもあるんだろうけど、それを抜きにしても違和感がすごかってんな

みなと:あー…

中垣:ああいうのを見て「おれにはそんなことできない」って思っててん。で、その話を大森さんにしたとき、「東大生っていう肩書きはひとつのリソースだし、それを最適化するのは当たり前だよね」みたいなことを彼は言っていて。

c 【教えて大森さん】今の仕事と本当にやりたいこととの間で悩んでいます

松田:はいはい。

中垣:それはまあそうなんだけど、でもそういうことじゃないんだよな…って。それで今になってもなお、違和感は感じるねん。だってシンプルにクールじゃないもん

みなと:笑 でもそうだよね。

松田:なんかああいうのを見るにつけ、あいつらは人生をカタログギフトか何かやと思ってるんちゃうかと思うねんな

みなと:笑

松田:つまり、今までそこそこちゃんとやってきてるから、ちょっと高めの10万円分のカタログギフトを手にしてるねん。

中垣:あー、そういうことね。

松田:で、その10万円分のカタログギフトから選べる中には、手堅い国家公務員コースもあれば、ハードな代わりにリターンも大きい外銀コースもあれば、ハイリスクハイリターンの起業コースもあるねんけど…結局のところどれもカタログギフトっぽいというか、だいたい何かしらの点で10万円に見合いそうなものでしかないねん

中垣:そういうことやんなぁ…

松田:一見すると斬新で大胆で向こう見ずな選択でも、なんとなーくカタログギフトに載ってはいそうというか、それまで貯めてきた10万円っていうのが前提になっていそうやねんな。でも人生ってそういうことじゃないやん。

中垣:なんか…アメックスのセンチュリオンのインビテーションに喜ぶ人って感じやんね。確かにあれはめちゃめちゃお金を持っているという定量的な達成を示すものなんだけど、でも結局はカタログギフトの中で一番いいやつって感じやねんな。

松田:はいはい。

中垣:あれで喜ぶっていうのは、最適化に優勝して喜んでるっていうだけやからね。…まあ全然欲しいですけど

みなと:笑

松田:でもセンチュリオンカードってチタン製やん? そのせいで加工精度が低くて、結構個体差あるみたいやで。

ソースは反社のおじさん

中垣:そうなんや。

松田:あとちょっと疑問なのが、金属製のカードって財布に全然優しくないよね

2021年2月26日
Clubhouse

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額

このリンク先でカートに入れた商品は、その売り上げの一部が commmon に還元されます。