Categories
いいこと思いついた 思索 未来 音楽

Apple Musicをカセットに巻き直そう

4 days

6 minutes read

中垣:ネットサーフィン中にいいなと思った画像を保存してもさ、それが永遠に溜まっていくだけで、たまに「あの画像もっぺん見たいな」ってことがあっても、何百枚何千枚の中からそれを探せるかというとそんなことはないわけやん

松田:はいはい。

中垣:やっぱりデジタルは参照性が低いというか…もちろんちゃんとタグ付けしてたらいいねんけどするわけないから、結局カメラロールを延々とスクロールせんと見つけられへんねん。

結局は時系列が最強のソート術なのよね

松田:そうやね。

中垣アップルミュージックだって、3年前にライブラリに追加したアルバムなんて見つけられへんねん。でも棚にCDをバーって置いてたら、アルバムの色とか棚の中での位置とかの情報が多いから、結局そっちの方が分かりやすかったりするねん。

松田:はいはい。

中垣:そういうフィジカルの強さってあるなと思って。それで前も言ったけど、今まで保存してきたのを印刷してみようと思って、そのためにプリンターを買って、L2版か何かで全部印刷したのね。

松田:インスタグラムでsaveしてたやつやんな。

中垣:おれこの前さ、インスタの「保存する」で保存してた3~4年分の投稿、あれ全部スクショして、全部印刷したの。

みなと:あー…

松田:いや、やば過ぎでしょ笑

中垣:あれ、インスタ上で参照するとめっちゃ時間かかるねんけど、紙なら一発やねん。パッって開くだけ。

松田:いやまあ分かるけど…

中垣:それで、結局印刷したのが800枚くらいなんかな。それをインスタ上で探すとめっちゃ大変やけど、紙やとほんまにすぐやで。ぺぺってやったらすぐ見つかる。

Source: commmon

c とりあえずなんでも印刷してみよう

中垣:そうそう。それでそのとき気付いてんけど、どうせフィジカルになるんなら画質なんてどうでもいいと思ったのね。それにインスタからわざわざ画像だけ落とすのも面倒やしで、全部スクショしてそれをそのまま印刷してん。これは自分の中ではちょっとした革命やってんけど。

松田:なるほどね。

中垣:…っていう中で、そもそもこういうのがサービスとしてあるべきだと思ったの。例えばピンタレストと連動した形で、保存した画像が500枚くらい溜まったら自動で冊子になって送られてくるとか。それでその画像全てにQRがついていたら、これはすごい便利やと思うねん。

松田:笑

中垣:これを思いついたのは昨日やねんけど、ちょうど河東と一緒にフロットサムブックスっていうカルチャー系古本屋に行ってたのね。それで今回は commmon の本の表紙の参考になるものを探してたから、中身はまじでどうでもいいと思いながら見てたの。

松田:はいはい。

動画で紹介する感じ超いいじゃん

中垣:そうすると変に尖った気持ちとかがなくなって、シンプルに興味ベースで、気になったやつをパッと手に取るわけ。この感覚ってGoogleで画像検索するのにかなり近いねん、すごいフラットな感じ

松田:うんうん。

中垣:それでも一方で、ネット上の画像とは違ってフィジカルな分、情報がよりリッチなのね。この辺りの差分を昨日はすごく感じていて…それで買った本があってんけど、それの表紙の感じがすごいよかってん。これはPNGではなく質量を持った情報じゃないといけなかったなって感じで

松田:はいはい。

中垣:でも逆に、エーロン・ボンダロフの出してるZINEが置いてあって、それもすっごいかっこよかってんけど、でもそれはPNGでいいやつな気がして買わへんかってん。だから家に帰ってから画像を調べて保存した。それでよかってん。

松田:なるほど笑

エーロン・ボンダロフ
Image: EYESCREAM

-スケートボードが創造の原点- 特集 Aaron Bondaroff – EYESCREAM

中垣:そういうのもあって、ウェブで保存した画像に質量を持たせてみるっていうのはおもしろいんじゃないかと思って。

松田:何かしらね、質量を持たせることで立ち上がってくるものがあるんじゃないかと。

中垣:そうやね。だから…最初に言ったように、参照性を高めるためにフィジカルにすることに既に意味があるし、それに加えて、質量を持つべき情報っていうのがあるんじゃないかって

松田:うんうん。

中垣:それでさ…まあ当たり前の話やねんけど、画像検索とかって見た目が全部決まってるわけやん。インスタグラムなら大体は正方形なわけ。

松田:うん。

中垣:でも実際の本って、形も違えば厚みも重みも全然違うわけ。紙の材質も違う。そういう意味ではさっき言ったやつは、ネット上の画像と最初からフィジカルな本との間にあるものやと思うねん。ただただ紙になって物質性を得た、それだけ。そこには他の情緒的要素は一切ないねん。とりあえずフィジカルに向けて一段階だけ進んでるねん。

松田:はいはい。

中垣:で、もしそれで満足できるのであれば、全ての写真集がそれでよくなるはずやん。ひとつの決まったサイズの紙に、同じサイズの写真が並んでるだけ。

松田:まあせやね。

中垣:でも世の中に存在する写真集っていうのはいろんな装丁を持っていて…つまり何が言いたいかって、A4にぴったり収まった無味乾燥な写真集が出たとして、それに「こんなんちゃうやん」と思うのであれば、じゃあもうスマホで見てはいけないわけよ。そういうことを逆説的に浮かび上がらせるものにもなり得るというか…

松田:あー、まあまあ。

うーん、極論

中垣:あるいはじゃあ、かつてデジタル的な何かがなかった時代は、ある意味では全てがリッチやったわけね。もちろんそのことは当時は自覚されていないけど。

松田:はいはい。

中垣:でもそれがデジタルになって、一回全てが破壊されたわけ。その均された地平から再度意味を浮かび上がらせるきっかけになるものとして、A4のすごくのっぺりとした写真集があってもいいと思うねん

松田:あー、はいはい。

c 溶けていく境界線と永遠のベータ版

中垣:結構おもしろいと思うねん。そこで「いやこれはまずいでしょ、せめて紙はこれがいい」みたいなことを考えるようになって。

松田:その瞬間「…はっ」ってね笑

中垣:「今までインスタに投稿してたのってまじでなんだったんだ」みたいな。

松田:そういう崇高なミッションが裏コンセプトなのね、なるほどね。

中垣:あるいはカメラロールに保存してたものが紙になるとさ、やっぱ場所を食うわけよ。そうすると初めて捨てられるようになるねん

松田:あー…

中垣:たぶん最初は嬉しいねん、「見てこれ、おれが保存してた画像が紙になって送られてきてん」みたいな。でもこれが3年くらい経つと「邪魔やし要らん…ってことはカメラロールのやつも要らんな」ってなると思うねん。

松田:まあ確かにな。カメラロールの画像ってわざわざ消さんでもいいもんな。てかこれあれやな、サマリーポケットの逆やな笑

中垣:確かに笑

サマリーポケットはね、それはもう捨てろってことだと思うの

サマリーポケット

松田:なんか他にないんかな、サーバーに保存されてるねんけど、フィジカルに手元に落とした方がいいデータ。

中垣アップルミュージックを出力しながらカセットに巻き直すとか

松田:うわ…それやばいな。

中垣:おれ車で音楽かけようと思ってアップルミュージック開くのがめっちゃ嫌いやねん。それよりもカセットがあって、適当に選んでそれを入れるって方が絶対にいいねん。

松田:うん、それは間違いないな。でも何が違うんやろう。

M. マクルーハン(1987)『メディア論』みすず書房
Image: みすず書房

M. マクルーハン(1987)『メディア論』みすず書房

中垣:必然性というか…位置を占める感じがあるやん。one of them じゃなくて one of one になる感じがあるよね

松田:カセットテープのスロットを占領するもんね。それを入れ替えようと思ったら、やっぱりちょっと大仰な感じになるもん。不可逆な感じあるよ。

中垣:デジタルのCtrl+Zが可能な感じは良くも悪くもというかさ…もちろん資料を作ってるときはそれができた方がいいんだけど、でも世の中の全てがCtrl+Zできるわけではないやん。

松田:うんうん。

中垣一度それだと決めたら、自分の何かが不可逆に占められるべきものってあると思うねん。でもデジタル的な脳みそでずっといると、本来はそうあるべきものでもそれに耐えられなくなるねん。

松田:うん、それはめっちゃ分かる。

松田:なんだけど、一度選んだ以上それが全てなわけ。

中垣:うんうん。ここで言う結果が全てって、別に努力の過程が大事なんじゃないかとか、そういう話では決してないやん。ただ、意味を生み出していく過程においては結果に落ちていかないものに価値は無いねん。ポジションを取らないとそこには何も生まれないねん。あり得た自分の残骸には意味がないねん。

河東:うんうん。

松田:引き受けなければいけないのは選んだものであって、選び得た可能性ではないのよね。

Source: commmon

c 「今持っているものは全て自分が獲得したものだっていう、そういう捉え返しをしようと思ってるねん」

中垣:そうなると何にもコミットできなくなるよね。

松田:だから…アップルミュージック野良アプリみたいなんを作ったらいいねん。このアプリはね、一度流し出したらアルバム通して最後まで聴かないと次のアルバムを選べないねん。

中垣:笑 でもね、アップルミュージックをカセットに入れ直すの、これは絶対にいいと思うよ。今の時代にアップルミュージックからミックステープ作ってるやつとか胸熱いよ

2021年10月3日
commmon の事務所

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額

このリンク先でカートに入れた商品は、その売り上げの一部が commmon に還元されます。

また「誰が、何を何と同時に購入したか」は完全に匿名化されており、「何がいくつ販売されたか」以上の情報をこちらから確認することはできなくなっています。ご安心ください。


HeaderImage: commmon

中垣が印刷した、自身のアカウントで保存した画像のスクリーンショット。「部屋」「ファッション」「その他」の三冊に分けて印刷した。写真に写っているのは「その他」の一冊。