Categories
エンタメ 人生 思索

ディズニーで知る、世界に対する肯定的確信

1 month

8 minutes read

松田この前ディズニーに行ってん

中垣:え、めっちゃいいやん。いつ行ったん?

松田:絶対思ってへんでしょ笑 行ったのは3日前とかやねんけど、緊急事態宣言のせいで入園者数がかなり制限されてて、緊急事態宣言までに事前予約していた人に加えて、追加で予約できるのは一日5,000人までみたいな感じになっててん。

パークチケット一覧 – 東京ディズニーリゾート

中垣:はいはい。

松田:しかも追加で一日5,000人まで予約ができるっていうシステムの実装が遅れてるっぽくて、おれが行った日はその5,000人分の予約も始まってなかったから、もう意味分からへんくらいガラガラやってんな

中垣:そういうことか、やばいな。

松田:ほんまに地方にある「なんとかの丘公園」みたいな感じやねん。行ったのはシーやねんけど、超胸アツのニューアトラクション「ソアリン」も、普段はかなり並ぶのにその日は5回乗れたからな

ソアリン 待ち時間
Image: ディズニーリアル

ソアリン アトラクション混雑予想 – ディズニーリアル

中垣:やば。てかそんなに乗って楽しいもんなん?笑

松田:いや、それが楽しいねん。とりあえずソアリンが楽しかった話は後からするから、まずは緊急事態宣言下のディズニーがやばかったって話から片付けるけど…

中垣:はいはい笑

松田:今ディズニーに行ってもとにかく人がおらんねん。あそこまで人がいないと逆に辛いまであるよ。

中垣:まあそうやんね。人がおらんと虚構っぽさが増しそうやんね。

松田:いや、ほんまにそうやねん。自分達だけやとディズニードリームを信じ切れなくなる

中垣:笑

松田:あとはね、キャストのやる気が全然なかったね。

中垣:まじ? ディズニーやのに?

松田:うん…まあやる気がないというよりは、普段キャストってある種「ディズニーのゾーン」に入ってるやん? でも人が少ないからか、あの感じをうまく出せてなかってんな。

中垣:うわー、それ絶対あるな。

松田:まずキャスト同士の私語がめっちゃ多いし、こちらから声をかけたとき、あのゾーンに入るのがコンマ数秒遅れてる感じがあるねんな

中垣:へー。

松田:あとだるかったのがさ、とは言え道沿いに立ってるキャストは来園者が通ったら手を振ったりするわけやん?

中垣:はいはい。

松田:あのノリが見てていたたまれなくなるねん。人が十分におったら不特定多数に向けられたディズニーホスピタリティとしてスルーできるねんけど、周りにおれしかいない状況ではその笑顔がおれに向けられていることが明らかやねんな

中垣:うわー…

松田だからおれもう会釈しまくってたもん。なんか「みんなでディズニーの夢守ろうな」みたいな感じになっちゃってた。

中垣:笑

松田:そういう意味ではかなりディストピア感があったな。あとはレストランとかポップコーンのカートが営業していないことが多くて、あれも結構しんどかったな。

レストランの主な対応や、休止状況 – 東京ディズニーリゾート

中垣:あ、そうなん?

松田:なんかね、何かを食べるためにレストを挟む機会が少ないと、常に次のムーブを探さなあかん感じになっちゃうねんな。

中垣:はいはい。

松田:その上でアトラクションの待ち時間もほとんどないから、普通に暇になってくる。なんやかやで待ち時間も含めて一日おるのがちょうどいいねん

中垣:あー、なるほどね。

松田:あれはね、ほんまに自由の重責って感じがあったで。どのアトラクションも待ち時間は5分やから、どれに乗るべきかは全面的に自分で決めなあかんねん

トイストーリーやり込んだ

ミヒャエル・エンデ(2007)『自由の牢獄』岩波現代文庫
Image: 岩波書店

ミヒャエル・エンデ(2007)『自由の牢獄』岩波現代文庫

中垣:はいはい、なるほどね。

松田:緊急事態宣言下のディズニーについてはそれくらいかな。ほんでここからは、もっと全般的にディズニーについて思ったことやねんけど…

中垣:はいはい。

松田:やっぱりディズニーはすごいと思ったよ。レジ周りのアクリルのパーテーションとか、触ってついた指紋汚れみたいなんは全くないし、パーテーションの素材とか構造とか色とか、ここにパーテーションを置くのならこれがベストだろうなと思えるやつでしかなかったもん

ディズニー コロナ
Image: commmon

剛性高そ…

中垣:はいはい。

松田:それで写真を撮ってたら「今くらいじゃないとなかなか撮れないですもんね~」って言われた。何を撮ってると思われたんかは知らんけど。

中垣:笑

松田:あとこれは前々から思っていたことやけど、やっぱり世界に対する肯定的な確信を一瞬であっても持たせてくれる装置として、ほんまに優秀やなと思ったわ。

中垣:それは…世界を好きになれる、みたいな話?

松田:うん、あるいは「世界に期待をしてもいいのかな?」と思えるようになるというか。たぶんやねんけど、世界を肯定的に確信できていない人、世界に効力感を持てていない、そこがハッピーなフィールドだと思えていない人って、いくらでもおると思うねんな

中垣:うんうん。

松田:でもそういうネガティブな認識も、一瞬でもいい方向に裏切られさえすれば、一応のところ反証はされるわけやん。さっき言ったソアリンに乗りながら特にそれを思ってて。

中垣:はいはい。

松田:やっぱり新しいアトラクションなだけあって結構よかってんけど、ものとしてはスターツアーズとかシーライダーと同じで、目の前のスクリーンに移動してる感じの映像が映し出されて、ついでに席もちょっと動くみたいなやつやねんな。

ソアリン ファンタスティック・フライト – 東京ディズニーリゾート

中垣:はいはい。

松田:ほんで内容は、しょうみのところディズニーはあんま関係なくて、万里の長城とかサバンナとかの上空をグライダーみたいなんで飛ぶ感じやねん

中垣:あー…リアルなやつなんや。写真っぽいん?

松田:そうそう。普通にリアルな映像で、世界を旅するって感じやね。

中垣グーグルアースの上位互換か

松田:そうやね笑 でも風も吹くし匂いもするし、結構飛んでる気持ちになれるねん。

中垣:はいはい。

松田:ほんで、世界中いろいろと巡って最後はディズニーシーの上空を飛ぶねんけど、その一個手前が東京の夜景やねん

中垣:おー…

c やっぱり東京が好き

松田:これがめちゃめちゃよくて、レインボーブリッジの上空から東京タワーに抜けていくルートを飛ぶねんな

中垣:一番いいやつやん。

二番が何かは知らんが

松田:そう。しかもどうやって撮った映像なのか、絶対ドローンが飛んだらあかんところやのにヘリコプターでは飛べそうにない高度で飛んでて、この世の中に存在する東京湾上空エクスペリエンスとして最高のものやと思えるねん

中垣:はいはい。

松田:ヘリコプターのローターの音もしないし、ドローンでしか飛べないような低空を飛べるし、夜景もええ感じにコントラストが調整されてるしで、あれがあるのにヘリで東京湾クルーズして喜ぶやつなんておる?って感じやで。

中垣:そんなレベルなんや笑

松田:いや、これはまじ。絶対にソアリンの方がいい。

中垣:だいたいソアリンってどういう名前やねん笑

soar /sɔː $ sɔːr/ ●○○ verb [intransitive]

2 IN THE SKY
a) to fly, especially very high up in the sky, floating on air currents
b) to go quickly upwards to a great height

Source: LONGMAN

soar – LONGMAN

松田:まあなんしか、そういう装置としてディズニーはまじで最高やと思ったよ。

中垣:さっき言ってた世界に対する肯定的な確信みたいな話さ、それで言うとディズニーはホストクラブとはどう違うん?

松田:言うたらホストクラブも似てはいると思うよ。ただそれを言い出したら「LSDキメたらよくない?」みたいな話になってくるというか、日常と十分に連続性があるという点でディズニーはかなり優れているんじゃないかな

松田:一方でLSDとかホストクラブとの相似ももちろんあって、入園してすぐにパレードの席にポジって周りにぬいぐるみをはべらせてるババア、あれはホス狂とか薬中と同じやんな。こっちに帰って来られなくなっちゃってる。

中垣:まあそうやんな。てかディズニーって思考実験として非常にいいというか…ディズニーってすごいよね。

さっきからそう言ってんじゃん

松田:いや、ほんまそれやで。おれ初めて行ったときめちゃめちゃ感動したもん。

今まで紹介したどの本よりもポテンシャルあるかもしれない動画

中垣:なんか…週末はみんなディズニーに行けばいいんじゃないかとさえ思うよね。

松田:うんうん。人生つまんないなら、じゃあもう毎週末ディズニーに行けばいいと思うし、それに飽きてきたらそこで初めて人生見つめ直せばいいと思う

中垣:そうやんね。そうなったときがきっと見つめ直すべきタイミングというか、よりこうプラクティカルに向き合わなければいけないよね。

松田:うんうん。

中垣ディズニーに人生救われたとか言う人いるけど、でも分かる気はするよ

松田:ここで思い出すのが、鈴木大拙の『禅』で禅の意味について述べている部分やねんけど、そこに「永遠の否」か「永遠の然り」を選ばなければいけないっていう内容があるねんな。

これは、あなたが、「永遠の否」か、「永遠の然り」かの選択を迫られる時である。その選択が孔子の言う「学」の意味するところである。それは古典を学ぶことではなくて、生の神秘に深く分け入ることである。

苦闘の結果は、たいていは、「永遠の然り」であり、「御心のままになさせたまえ」である。なぜならば、厭世家たちがいかに否定的に考えようとも、人生は、結局、何らかの形における肯定だからである。

Source: 鈴木大拙(1987)『禅』ちくま文庫

鈴木大拙(1987)『禅』ちくま文庫

中垣:はいはい。

松田:それに続く部分で、人生は何らかの形での肯定だから「永遠の然り」を選ぶことになるって言うねんけど、その「肯定」が原文では affirmation ってなってるねん

中垣:あー、なんか言ってたね。

This is the time you will be asked to choose between the “Everlasting No” and the “Everlasting Yea.” This choosing is what Confucius means by “study”; it is not studying the classics, but deeply delving into the mysteries of life.

Normallly, the outcome of the struggle is the “Everlasting Yea,” or “Let thy will be done”; for life is after all a form of affirmation, however negatively it might be conceived by the pessimists.

Source: Daisetz T. Suzuki(2019)『Zen and Japanese Culture』Princeton Univ Pr

Daisetz T. Suzuki(2019)『Zen and Japanese Culture』Princeton Univ Pr

松田:おれはこの部分がすごく好きやねん。affirm っていう言葉の前判断的ポジティブさというか…

中垣:ベクトルが完全に前向きやんね。

松田:そうそう、「Just 是」って感じ。で、ディズニーはそういう経験を一瞬であってもさせてくれる感じがあるねんな

中垣:はいはい。

松田:だってディズニーで文句垂れてるやつって絶対におかしいやん。あそこには affirmation しかないやん。

中垣:まあ…完全に主体的なそれかと言うと怪しさはあって、そこがLSD的な部分やとは思うけどね。

松田:それはそうやな。

中垣:でも擬似体験としてはいいよね。

松田:そうそう。しかもさ、パンピーを心地良くさせるのであればそれは別に自己啓発本にもできるねんけど、ディズニーがすごいのは圧倒的にフィジカルなボリュームがあるところで、それがあるからこそなかなか反論できひんわけやん。だって事実そこにあるわけやから。

c 富と名声の罠

中垣:ただおれ、そもそも長らく行ってないし、行ったときも別にそんなに楽しいとは思ってなかってんな。

松田:え…?

中垣:そういうやつもいるねん。ディズニーに行っても自意識とか持ってるやつはまじでクソでそれはおれです

松田:笑

中垣:それにしても世の中なんて半分ディズニーみたいなものなんだから、みんなもっとそう思えればいいのにね。なのに、なんでそんなに真剣そうにしてるんやろうね。

2021年1月16日
西麻布 中垣の家

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額


ワンマンズドリーム2
HeaderImage: @MiyaDuffy/Twitter

2019年12月13日にフィナーレを迎えたショー、「ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・リブズ・オン」。ウォルト・ディズニーが作り出した世界を音楽と共に鮮やかに描き出すショーは、1988年から1995年に上演された「ワン・マンズ・ドリーム」をリメイクしたもので、ディズニー映画のスターたちが次々と登場する。ショーベースで開催されていたショーとしては史上最長の15年に渡り公演され続けた。

Miya_Duffy – Twitter