Categories
ことば ライフハック 思索

マジカルナンバー“3”と、複数性とラベリングの罠

2 weeks

6 minutes read

中垣:無印のNASAの椅子を買って思ったけど、安いものを一杯並べると倉庫っぽくなっていいよね

c トム・サックスの椅子、無印で買えます

松田:あー、うん。ストックしてある感じがすごくいいよな。

NIGO アトリエ
Image: Sotheby’s

これが夢です

NIGO® Collects – Sotheby’s

中垣:そういうときにさ、3ってちょうどいい数字やなと思ってて

松田:はいはい。

中垣:面を構成するのに必要な点の数も3やんか。

松田:うん。

中垣複数性を認識するのにミニマムで必要なのが3な気がするねんな

松田:あー、うん。

中垣:これが2個やと、右と左とかこっちはAくんであっちはBちゃんみたいに、それぞれのキャラを認識できちゃう気持ち悪さがまだ残るねんな。

松田:ちょっと待ってや…全然分かるねんけど、今のところ普通の話ではあるよ笑

中垣:笑

松田:別に新たな発見とかではないで笑

中垣:でも違うねん、これが4になるとあかんねん。3以上ならなんでもいいわけじゃないねん

さっきミニマムが3って言うてましたやん

松田:それはなんでなん?

中垣:今ちょうど4つ揃ったものを部屋に置いてるねんけど…なんか、見た感じ2で割れそうやもん。

松田:あー、まあ確かに。2で割れそうやし、あとはダイニングテーブルの皿の数みたいな、そういうセットっぽさがあるよね。ある種の秩序を感じてしまうというか、あふれかえってる感じがしない

中垣:そうそう。だからやっぱ3が一番いいんじゃないかな。

松田:なるほどな。

中垣:だからあの椅子は3つ買うわ。そんでひとつだけ使って、残りは壁に立てかけとく。

既に飽きて処分した

松田:笑

2021年2月4日
Clubhouse


松田:前さ、3という数字は複数性を感じるのにちょうどいいみたいな話があったやん

中垣:あー、はいはい。あのときは当たり前やんってなったけど笑

松田:そうそう。まあそのときは、とは言えリテラシーの低い人のためにって話してたな。

みなと:笑

中垣:そんなこと言ってないよ笑

松田:言ってました、ちゃんと録音聞いてみてください。しかもこれ、中垣の部屋で二人きりでリテラシーの低い人のことを想定しながら話すっていう、あまりにきしょ過ぎトークやってんけど…

かのこ:笑

松田:でもね、おれはその複数性の罠にはまってしまってん

中垣:おお…

みなと:どういうこと?

松田:ここ何回かでインディアンジュエリーの話をちょくちょくしてるけど、最近あるアーティストの作品をまた買って…

c BEAMS PLUSとインディアンジュエリー

みなと:はいはい、それがこれね。

松田:そう。で、前にその人の作品を初めて買ったときは、これはもう感動したわけ。ほんで2つ目を買ったときも、最初に買ったやつとは趣向がまた違って「なるほど、こういう作品もあるのか」って感じで、それはまたそれとして楽しめてたのね。

中垣:うんうん…てかこれ新しいやつなん? まじで何してんの?

松田:笑 でも今着けてるこれがね、おれが持ってる中では一番出来がいいよ。作品の完成度は相当に高いね。

かのこ:笑

松田:それでね、これも手にした瞬間はもう感動したわけ。「ほんまにすごいなぁ」とか思っててんけど…

中垣:はいはい。

松田:でも、既に持っていた同じ人の作品と並べておいた瞬間、one of themになってもうてん

中垣:あー…

松田:それまでは一つ一つの作品の、それがそれであることのリアリティと向き合えててんけど、3つ以上になると「そのアーティストのジュエリー」がいくつも並んでいるっていう、そういう光景になってしまってんな

みなと:あー。

中垣:逆にね、NASAの椅子ならそれがいいねんけど…

トム・サックス NASA 椅子
Image: Tom Sachs

NASA Chair – Tom Sachs

みなと工業製品ならそれでいいんだけどね

中垣:そうそう。でも一個一個が光るものやと…

松田:そうやねん。しかも明後日には、その人の新しい作品がまた届くっていう。今のところ要らんとしか思われへん。

かのこ:笑

松田:それで思ってんけど…複数性を認識できるって、要は同じものがいくつもあると思えているってことやん。

中垣:はいはい。

松田:あの無印良品のNASAの椅子は確かに工業製品やけど、でも厳密なことを言うと個体差はあるし、徹底的に全く同じものであるとは言えないわけ。でもそれに対して、まあ品番でもなんでもいいけど、一定のラベリングをすることでそれは同じものになるわけやん

中垣:うんうん。

何が具体か何が抽象かと云ふことは、その人の考へ方、見方によりて相違すると思ふ。例へば、此処に一つの茶碗があると云ふ、又向うに雀が四羽電線の上に集まつて居ると云ふ。これほど具体的なはなしはないと考へられる。すべて感覚上の経験は具体的で、それが一旦思惟に上せられると抽象的になると云はれる。ところが、これが果してさうかと云ふに、此感覚上と云ふのが甚だ具体でないのである。独尊者その人の動きからと云ふと、「此処」とか「其処」とか云つて、空間に区切りをつけたり、雀とか茶碗とか云つて「個」的限定をやることは、頗る抽象的なことなのである。

Source: 鈴木大拙『時の流れ』

鈴木大拙 『時の流れ』

松田:それと同じやねん。一つ一つにはそれぞれのリアリティがあったはずやねんけど、何個も揃ったことで全部「そのアーティストのジュエリー」になっちゃってん。ディテールが捨象されてラベリング以上のものに見えなくなったっていう、この罠はあるよ。

中垣:うん、あるね。

松田:でもこれエルメスのブレスレットを集めてたときも思ってたわ。いっぱいあると、もう全部エルメスのブレスレットでしかないねんな。そうなるともう全部要らなくなった。

c エルメスのブレスレット、クレッシェンド

みなと:笑

中垣:でも確かにな。ブレスレットってバーっと重ね着けしちゃうと、もはやそのうちのひとつがエルメスであろうとなかろうとどっちでもいいよね

松田:そうそう。

中垣:そうなるともう東急ハンズのチェーンと同じやもんね。

東急ハンズ シルバーチェーン
Image: 東急ハンズ

切り売りシルバーチェーン – 東急ハンズ

ガチ勢は中川装身具工業へどうぞ

中川装身具工業株式会社

松田:そうやねんな…だからさ、同種の別の物を大量にコレクションしてるやつって、どういう気持ちでやれてんのかな?

中垣:でもまあコレクションはちょっと別というか…

みなと:ポケモン図鑑を全部揃える的なね。

中垣:そうそう、そういう強迫的なやつな気がする。

松田:まあポケモン図鑑みたいなのはさ、ある種スタンプラリー的というか、最初から要素の数が決まっててそれをコンプリートするだけやけど…同じアーティストの作品をいくつも集めるとか、おれそういうのは絶対無理やと思ったわ。

中垣:あー、でもそれは思うわ。100個なら100個って決まってたら集められるけど、例えばイームズの椅子をほんまに全部集めるとかは無理やん

松田:せやねん。だからコンバースをマイサイズかつデッドで全色集めるみたいな、それくらいがギリギリやで。

中垣:そうやんな。

コンバース 全10色
Image: @hiroyoshi007/Instagram

高雄 大善 – Instagram

【連載:マニアですがなにか コンバース編】第一回「覚えておくべき5モデル」 – FASHIONSNAP.COM

松田:だからインディアンジュエリーはもう無理やね。こんなに素晴らしいのに今や興味を持てないねん、悲しいよ

かのこ:病気ちゃう?

みなと:笑

かのこ:オリジナリティに対する要求が高いんじゃないですか?

松田:うん…?

かのこ:工業製品は複数個あってもいいっていうのは、工業製品には差異がないから全てにオリジナリティがあると言えるけど…

松田まずそこからちゃうって、工業製品にも差異はあるよ。おれは新品のiPhoneが10台あっても、それぞれの違いを見分けられるよ。全部に名前つけてあげられるよ。

みなと:笑

公差に非寛容

測定値と真実の値(真値)との間にはどうしても一定の誤差が生じます。ここで重要なことは、許容される誤差の範囲を明らかにすることです。測定の分野では、許容誤差の最大寸法と最小寸法の差を「公差」もしくは「許し代(ゆるししろ)」と呼んでいます。また、工業規格などの法律が認める誤差の範囲についても公差と呼ぶことがあります。

Source: KEYENCE

測定器ナビ 公差とは? – KEYENCE

かのこ:やば…

松田:だから、無印良品のNASAの椅子にしたって別に区別はつくねんって。ただそれが3つ以上になると全てが記号化するって話で

かのこ:あー…

松田:同じシャツを1ダース買ったりするのもそれに近いよ。同じものをいくつも揃えて記号化することで、強迫的に差異を気にすることを避けられるというか。

みなと:うんうん。

2021年4月18日
Caffè & Trattoria Michelangelo 広尾

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額

このリンク先でカートに入れた商品は、その売り上げの一部が commmon に還元されます。


トイストーリー エイリアン
HeaderImage: Disney

ディズニー映画『トイストーリー』に登場する、クレーンゲームの景品だった三つ目のエイリアン人形。ミスター&ミセス・ポテトヘッドの養子になった。
三つ目なので、つまり目がたくさんある。

トイストーリー エイリアン – Disney