Categories
エンタメ ファッション 外国のこと

Apple TV+の『Tehran』はまじでテヘラン

3 months

3 minutes read

松田:Apple TV+の『Tehran』っていうドラマがあるねんけど、これがすごいねん

テヘラン – Apple TV+

みなと:ほう。

松田テヘラン市民の再現度がエグいねん。ほんまにリアル過ぎる

中垣:はいはい。

松田:最初はテヘランっていうタイトルに惹かれて、イランのあのバイブスを多少とも味わえればと思って観てんけど…なんか妙に生々しいねんな。

中垣:ほー。

松田「…テヘランやん?」って気持ちになるねん。

みなと:笑

松田:ほんでよくよく見るとディテールが結構すごくて、外国人観光客として現地に行ったときに目につくような特徴っていうのを全部拾ってるねんな。

中垣:はいはい。

松田:物語を描写するのに必要な要素を必要な順に入れているだけじゃなくて、些末なことであっても、いかにもイランらしいと思えるような特徴ならそれもきちんと描かれてるねん

日本で信号待ちをしているとき、反対側が赤になったからもう青になるだろうと思って歩き出したら、実は次に青になるのは別の信号だったことに気付いて歩みを止める、みたいなことがあると思います。あれが日本ならではのことなのかは知りませんが、もしそうだったとすると、物語の本筋にとっては重要でなくても、その描写をすることでシーンが日本であることを強く印象付けることができると思います。『Tehran』にはそういう描写が数多くありました。

みなと:あー。

松田:例えばイランでは、体制に従順なしっかりイスラーム的な思想の人達と、反体制的で欧米的価値観に憧れている人達がいるねんけど、前者の人達ってすごい敬虔で物分かりがよさそうな服装をしてるねんな。

中垣:はいはい。

松田:一方で後者の反体制的な人達は、ハリウッドセレブみたいな、派手でルーズな欧米的服装に憧れてるっぽいねん

テヘラン カフェ
Image: commmon

深夜ここに行くとそういう人がたくさんいます。緩く巻かれたスカーフから見える髪には、渋谷のクラブにいるギャルのへそ出しを見出しましょう

河東:へー。

松田:でも、基本的にイランでナイキは買われへんねん。細々とした輸入で入ってくるのはあるけど、それを買えるのは金持ちだけやねん。

中垣:あれでしょ、ドルが高いっていう。

僕らは豪遊できます

c イラン旅行記 #1

松田:そうそう。だからどうなるかって、ああいうテイストの服装を、中国とかトルコから輸入されてきたモドキの服で実践することになるねんな

中垣:やば。

松田:その結果、高校生が雑誌で見た服装をWEGOで買った服で再現するみたいな感じになるねんけど、『Tehran』はその雰囲気の再現度がめちゃめちゃ高い。

みなと:笑

河東:それってカメラがバックの現地の人を写したってだけじゃないん?

松田:ちゃうねん。エキストラ的なやつじゃなくて、物語の重要なシーンを演じてる人の衣装がそれやねん。だからそういう服装がイランの特徴っていうことを分かった上で、それを衣装にしてるんやと思うねん。

中垣:そういうことか。

制作はまさかのイスラエル。絶対に現地で撮れないクルー

テヘラン (テレビドラマ) – Wikipedia

松田:あとイランの男性って、今の河東が着けてるような指輪をみんな右手の薬指に着けてるねんな。それもちゃんと衣装になってた。

みなと:あー、着けてたね。

河東:これ?

河東 指輪
Image: commmon

みなと:確かに、今日の河東はかなりイランっぽいね

中垣:笑

松田:あとはね、反体制的な思想の若者がレイブをするシーンで流れてる曲も、イランで実際に流れてた、微分を繰り返された上澄み中の上澄みの音楽って感じがあってリアルやねんな。

みなと:笑 めっちゃおもしろいな。

松田:なんでそんなことまで分かってるん?っていう。まじで「…テヘランやん?」ってなるで。おれはエピソード1を朝に観て、その日のうちに8話全部観たもん。やばかったよ。

河東つまり…おれの服がWEGOっぽいって話?

中垣:笑

2020年11月13日
Aux Bacchanales 紀尾井町

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額


Apple TV+ テヘラン
HeaderImage: Apple

イランの首都テヘランに潜入した諜報員タマルを描くテレビドラマ『テヘラン』。イスラエルの放送局Kan 11でプレミア放送された後、2020年9月25日にApple TV+から全世界に配信された。
制作はイスラエル。イラン人を演じる俳優の一部は、実際にイランで生まれ母国語としてペルシャ語を話す者が採用されており、撮影はすべてアテネで行なわれた。