Categories
人生

結婚する動機

8 months

6 minutes read

山本

中垣の大学の友達。「身近で似た境遇の人間、かつ結婚している」というザル過ぎる理由で、金曜日の仕事終わりに愛知から東京に呼び出された。
結婚を信じられない面々が、別に信じて結婚をしたわけではない先人に教えを請う回です。

山岡:なんか、自分一人でフラフラするみたいなのはもう満足したよね

中垣:あー…

山岡それなりに真っ当な人生を送ろうと思ったら、書類を書くなりしないと自分はちゃんとしないかなって。私にとっての婚姻届ってそういうことだよね。

中垣:あー、でもちょっと分かるかもな。言うたらおれが就職したのもそれかもしれん

松田:なるほど、なるほど。

山岡:あー、就職もそうだったね。

中垣何かを釘で留めておかないとね

c 一億二千万分の一の自分と、一分の一の自分

山岡:そう、気付いたらいつの間にかどっかに飛んでっちゃうんだよね。そういう性格だから。

中垣:し、どっかにいっちゃうのは楽ではあるんだけど、それが楽しいわけでは案外ないから。

山岡:そうそう。脳裏にある罪悪感みたいなのとずっと戦わなきゃいけないじゃん

中垣:うん、それはあるかもな。

山岡:そういうのがめんどくさくなっちゃったんだよね。

次郎:なんか職場の同期も同じようなことを言ってたな、結婚したら楽になったって。そこに思考を割く必要がなくなったらしい。

山岡:社会的にすごくいいことをしてる感じもするしね。

松田:笑

次郎:「周囲からどう思われてんのかな…」みたいなところにどうしても頭を使わないといけなかったのが…

山岡:そう、「私には家庭がありますんで」って

中垣:前までは、例の飲食をやってる年上の人と付き合ってて、一緒に住んでるって言ってたよね?

山岡:そうそう。あいつはまだ家に住んでる。

中垣:で、別の人と入籍したん?

山岡:そう。

Source: commmon

いやいや…

c 結婚の形も様々

中垣:きゅーちゃんは?

きゅー:私はそもそもどっか飛んでいく人ではないから。

中垣:そんなことはないと思いますけどね。

きゅー:元々自分に制約を課しちゃう人だと思うけど…そうでもないかな?

中垣:そうでもないと思うけどね。わりとその、楽しんでらっしゃったと思いますけど?

きゅー:うん、まあそうか。そうね笑

中垣それをやめようと思っての今の相手ってところはないん?

きゅー:いや、そう思ってあえて制約を課しているわけではない。むしろそういうのは続けていたかったけど…

中垣:そろそろちゃんとしないと、みたいなのはなかったん?

きゅー:うん、全然ない。あと5年くらいは遊ぼうかなと思ってたけど、その前に…

中垣いい人に出会っちゃった?

きゅーそう、だからもう仕方がないかなって

ラブい💕

中垣:ふーん。じゃあ今の人と結婚するとしたら、山岡とはまた違う動機においてする感じになる?

きゅー:うん、そうだね。違いそう。

中垣:きゅーちゃんは結婚したいっていう気持ちはあるん?

きゅー:というより、この人と結婚するんだろうなっていうのに近い

中垣:なんでそう思うん? お互いそういう話はするん?

きゅー:そういうビジョンが見える。

松田:笑

きゅー:し、向こうもそういう気でいる。結婚するビジョンというより、別れるビジョンを持ってないって感じかな

中垣:じゃあ例えば一緒に家事をするなり生活をしていて…

きゅー:うん。生活をしていて何も違和感がない。

中垣:いや、でもちょっと待ってや。違和感を持たなかったからとて結婚するわけじゃ別になくない?

松田:笑

中垣:だって結婚は与件じゃないからな。結婚することは人生で決まっていることじゃないやん

きゅー:うんうん。

中垣:自分一人の方が快適なのであれば、別に結婚しなくてもいいわけやん。

c ご飯は一人で食べるのが一番美味しい

きゅー:うん、それはそうだね。でもいずれにしてもずっと一緒にいるだろうなとは思ってる。もちろん事実婚なのか結婚なのかただ付き合ってるだけなのかっていう問題はあるけど。

中垣一人より二人でいる方がいいん?

きゅー:そうだね。

中垣:それはなんでなん?

きゅー:…一人が辛いから?

中垣:それはどういう意味? さみしいん?

きゅー:うん、めちゃくちゃさみしい。

中垣:ちょっと待って、さみしいってどういうことなん?

松田:ちょっと今日教わって帰ろう。

中垣・松田が選ぶ彼女に言われて嫌な言葉
第1位「さみしい」

きゅー:笑

中垣:いやね、彼女が「さみしい」とかいって泣くんですよ。

山本:へー。

中垣:それが最近もう激しくて。彼女はずっと一緒にいたいタイプで、結構ずっと…週2~3日はおれの家にいるのね

きゅー:うんうん。

中垣:なんなら今まではリモートやったから週3~4日一緒にいて、最近は出張が入ってるから減ったくらいやねんな。でも、そうやって日数がちょっと減っただけでさみしいって言って泣くねん

きゅー:泣くの?

中垣:泣くねん。

松田:それはもう最初に週3~4日にしちゃったからやで。そこは不可逆やってんって。

きゅー:それはそうだね。それはあるよ。

中垣:そうやんなぁ…でもさみしいっていう気持ちがよく分からないねん。さみしいって何?

松田:笑

中垣:いやもちろんね、例えば一週間仕事して土日に全く人に会わなかったら、「おれの人生って…」みたいな気持ちにはなるよ。だからそういうさみしさはあるねんけど…

松田:そのさみしさじゃないと思うよ。

きゅー:笑

中垣だって週に一回も会えば十分じゃない? きゅーちゃんはさ、今の彼氏とこれからずっと週一で会うのと、これからずっと一緒に住むのなら、どっちの方がいい?

きゅー:ずっと一緒に住む方がいいよ。

中垣:なんで?

きゅー:笑 うーん、まあ時期によっても違うと思うよ。好き好き期なのかそれを超えているのかもあるし…

中垣:うんうん。

きゅー:好き好き期なら、相手のことが好きなんだからその人と離れてるとさみしいじゃん。

中垣:まあまあ。

きゅー:それとは別に、好き好き期じゃないとかそもそも誰とも付き合ってないとか、これはその状態自体がさみしい。今ここに一人なことがさみしい

山岡:それはめっちゃ分かるな。

中垣:ええ…

全然分からない

山岡そうなっちゃうとあっちにこっちにホイホイついてっちゃう。だから来てほしい

松田:でもそれさ、一番は彼氏が来てくれることなわけでしょ?

山岡:うん、それが一番いい。

松田:でも遊びに行っちゃうってなんなん? そこの代替可能性はどういうことなん?

山岡:いや、でもそのあともっとさみしくなるよ。

中垣:とはいえ今が0よりは…

山岡あとあとマイナス70になることが分かってても、今のプラス50を取っちゃうよね。本当は彼氏が来てくれたらプラス100なんだけど。

中垣:で、そのマイナス70を繰り返し経験したからそろそろ嫌だなってなって…

山岡:そうそう。

松田:しかしこれがアホの女の子やと、そのことに気付かずいくつになってもマイナス70を経験し続けると。

中垣:そうやね。うーん、でもそのさみしいって気持ちはやはり分からんな。

山本:僕も分からん。

次郎:一人になりてー、って気持ちはないの?

山岡:それはある。うっかり仕事が忙しくて会えないってなったら、それはそれでほっとする。

次郎:あー。

中垣おれがさみしくなるときっていうのは、友達と服見に行って茶をしばいて、それでもう満足なのね

ほぼ毎週これ。…あれ?

山岡別にそれでも満足だね

中垣:あ、そうなのね。ふーん。

山岡:そこにひとりでいるのが耐えられなくなるってことがあるの。

中垣…じゃあなんでてめえらは、友達と飯食って済まさないんだっていう

松田:そう、ほーんとそう。

山岡:友達がいないの笑

松田:あ、でもそれはあるかも。中垣の彼女って友達いる?

中垣:確かにいないな。

山岡女同士ってなんか友達になりきれないよね、どうせ最後は男を優先するし。相手も自分もだけど。

次郎:それがなんでなのかっていう…

山岡:「あ、男ね、行っといで~」ってなるよね。だから女に期待したくないの。でも男は呼べば来るじゃん

ごめんなさい

きゅー:笑

松田:それはどこまで性差に本質的な話なんかな。

次郎:そうだよね、我々みたいな考え方の女性がいてもおかしくはないと思うんだけど。

松田:そう。今のところサンプルはゼロやけど、その可能性は排除されないよね。

中垣:でも小学校くらいのときからそういう感じはあったよね。女の子同士で「〇〇ちゃ~ん」って言い合ってる感じ、一生やってろって思ってた

山岡:やっぱ本能なんじゃない?

うーん、ザルい

2020年11月20日
新宿 ゴールデン街