Categories
ことば エンタメ 思索

一方で言語的説明も超大事

6 days

5 minutes read

次郎:最近、批評するということについて思うことがあって…

松田:はいはい。

次郎:なんか村上隆が最近、音楽をやってるユーチューバーで、おれらと同い年くらいの人に注目をしているみたいなのね

松田:はいはい。

次郎:その人は元はカリスマブラザーズっていう3人組ユーチューバーだった内のひとりなんだけど、その3人組は解散して、その人は元々バンドとかやってて音楽が好きな人だったから、特に邦楽の歴史、つまりどんな文脈と趨勢があったのかについて自分なりに整理して、まあまあ分かりやすい動画にしてアップしてるのね

松田:うんうん。

みのミュージック – YouTube

次郎:そういうものを体系的に語っている評論って他にあんまりなくて、それを村上隆がたまたま発見したみたいで。

松田:へー。

次郎:特に80年代に流行った山下達郎とかのシティポップ、あの辺ってまだ海外に全然発見されていないのね。

松田:あー、そうなんや。

次郎:まあ最近になって海外の歌ってみた系の外国人がカバーしてプチバズってたりはするんだけど、それをもっと海外に interpret して売り出してくれるんじゃないかっていう期待もかけているみたいで、この前も対談動画を出したりしてるって感じで。

松田:ほうほう。

commmonの音楽ポリス、中垣です。ここでおやっ?と思われた方のために何点か補足させてください。
まず国内に関して言えば、山下達郎や大瀧詠一をはじめとするシティポップの再発見は2010年以降大変な盛り上がりを見せました。Yogee New Wavesの流行はその典型と言えますし、クラブシーンにおいてもディスコとの相性の良さから頻繁に流されるようになりました。また、2018年に山下達郎と星野源がコラボしたことも記憶に新しいかと思います。
次に海外の話ですが、こちらもNTS Radioで二度にわたり山下達郎特集が組まれるなど、耳の早い音楽ファンの間では既に知られた存在ではありましたが、マスのリスナーまで認知が広がったとは言えない状況です。
今回取り上げているのはまさにこの課題であり、日本のカルチャーがオリエンタリズム的にマニアに消費されるのではなく、例えば日本におけるOasisのように、広くその価値が認められるためにはどういったアプローチがあり得るか、批評もその一つになり得ないか、そんなことを話しております。
…余談ですが、結局マスに受けるのはNight Tempoのようなキャッチ―なやり方であって、参照元が持っていた本来の旨味は捨象されてしまうのね、といった課題意識を個人的には持っています。

次郎:で、その動画の中でも評論の役割っていうのが話されていて、やっぱりこう、評論がないと世間に知られないし消費もされないから、そこが日本の弱さだよねって言ってたんだよね。

松田:うんうん。

次郎:これが欧米だと、評論をするっていう形で世界の見方を切り取る人に対して、一定のフィーも支払われるし、社会的なリスペクトもあると

松田:はいはい。

村上隆(2018)『芸術起業論』幻冬舎文庫
Image: Amazon.co.jp

なんでこんな解像度高いの…

村上隆(2018)『芸術起業論』幻冬舎文庫

次郎:だけど他方で日本だと、まさにYOASOBIの話じゃないけど、あんま儲からない仕事だっていうのもあって…

c 他人の前言語的確信を損なってポジション取りするの禁止な

松田:だからああいうことをしちゃうんやんね。その線で誠実にやり切ったら食えるってもんでもないし、派手な言説によって損なわれる社会的地位みたいなのもないから

大学の先生ってしんねりむっつりやってるだけで救われるし、Twitterでの発言にもそれなりに慎重になるじゃん?

次郎:そうそう。あとはまあ言葉の面での弱みもあって、日本のコンテンツに海外が食いついたときに、その文脈を説明したり価値を言語に落とし込める人がいないんだけど、それはマーケット的にはもったいないし、もっと多くの人がその魅力に気付く機会が失われているみたいな話をしてて。

c (続)「お金がないからできない」のなら辞めちまえよ

松田:へー。

次郎:まあなかなかおもしろいなと。さらにそこで言っていたのが、80年代の音楽番組って世界から見てもえげつないクオリティだったんじゃないかって。

松田:はいはい。

次郎:それこそ山下達郎とか大瀧詠一とかの有名どころが作詞作曲して、それをそこそこ歌が上手い人が歌っている、それがバンバン出てくる番組って世界と比べても全く遜色のないエンターテイメントだったはずなのに、それを知っているのは日本人だけですよねって

松田:うんうん。

次郎:まあそういう感じで…あんまこういう言い方は好きじゃないけど、そこは日本人が苦手としている分野だから、シティポップの他にも埋もれて発見されていない分野ってあるんだろうなって。

松田:うんうん、なるほどね。

次郎:役所に勤めているとどうしても、今後日本が生き残るにはそこは避けて通れないんじゃないかという気がしているので、他に interpret が不十分なために埋もれているコンテンツって何があるのかなということが最近気になっている。

松田:はいはい。

次郎:だから悲しいのは、結局は前言語的確信が大事なんだけれど、とは言え、ある人間が「いいね」と思ったものを他の人にも追体験可能なようにするには言語が必要で、それをうまくやるには…まあむずいんだけどね。

松田:笑

次郎:それこそ commmon でよく批判されているように、「説明されているから価値がある」みたいに思っちゃうってところもあるわけで。

松田:いや、説明が大事っていうのは間違いないと思うで。だから要は、前言語的確信を大事にすることと説明することが大事っていう話をどう接続するかやねんけど…まあ話はシンプルで、大事なのは説明を聞いて頭で納得することではなくて、実際に自分が経験したことを、自分の言葉で説明することだよっていう

次郎:あ、そう。そうなんだよ笑

はい、今日はもう解散です

松田:ね笑 説明を聞くなり読むなりして理知的に納得することはゴールでもなんでもなくて、あくまでそれは自分が直接的に体験する、あるいはしたことの参照項を知るための間接的な道具としてのみ意味があるんであって…っていう。

次郎他人の説明は跳び箱じゃなくてロイター板なんですよってね、そのことに気付いた方がいいよね。

松田:うんうん、ほんまにそうやね。ほんでその前提の限りにおいて、やっぱり説明は大事やと思うねん。それこそ commmon を始めた様々な動機のひとつとして、大体の人が様々に悩むようなことについて、一人ずつ毎回最初から悩んでんのが意味分からんというか、それが明確な結論には至っていなくても、いろんな人が悩んできたその大まかな過程くらいは言語的に凝固された形で閲覧可能になっていてもいいんじゃないか、というのがあったのね。

次郎:はいはい。

松田:言ってしまえば「人間が30歳までに経験するモヤモヤ大全」みたいな、そういうものが存在しないことへのシンプルな課題意識はちょっとあったし、そういう意味で commmon としても、前言語的なるものを言語的に説明することの有用性を否定したくはないよな

次郎:でもそういうことをしようとしたやつっていそうだけどね。それこそ…キリストとか?

松田:まあブッダとかってそうなんちゃう?

次郎:そうだよね。

中村元(1984)『ブッダのことば』岩波文庫
Image: Amazon.co.jp

中村元(1984)『ブッダのことば』岩波文庫

松田:それで言うと禅も偉くてね、徹頭徹尾「最後に体験するのはお前やからな」って言うてるねん。禅の師の立場からすると、禅とか悟りは、誰の具体にも紐付けられないものとして議論をするようなものじゃないって言うねんな。

次郎:あー、うんうん。

松田:一方、とは言え一切の言語化を諦めては、こんなにクールな悟りなるものを衆生に知らしめることができないという次第で、「お前が直接経験することが全てやぞ」と繰り返し言いながら、言語非言語含め様々な手段を行使すると、まあそんな感じやねん。

次郎:うんうん。

松田:そのあたり、前言語的確信とその言語的説明の関係を、禅は器用に扱っているなと思うな。

2021年2月13日
Aux Bacchanales 紀尾井町

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額