Categories
思索 生きづらさ

デザイヤーと完璧主義

2 months

10 minutes read

松田:おれ明石さんと話したかったことがあったんですよ。

明石:あ、そうなんですね。僕の中でここは日曜礼拝って感じなんで…

松田:いやまあ、だとしたら信心足りなめですけど…なんか前にインスタのストーリーで見たんですけど、Appleのエアタグ、あれ良かったからエルメス買おうとか言ってたじゃないですか?

明石:あー、はいはい。

Apple AirTag エルメス
Image: Apple

エルメスの職人、ちゃんとこれバーキンと同じ気持ちで作ってんのかな

AirTag Hermèsキーリング – フォーヴ

松田:それで聞きたかったのがね、物を買うとき一般の話なんですけど、とりあえず試しにイージーなとこからエントリーして、「これはいけるな」と思ったら天井を買うっていうやり方をするのかな?と思って。

明石:それでいくと、普段は最初から天井にいくんですけど、エアタグに関してはちょっと悩ましかったんですよ。要はこれが本当におれのキーチェーンに収まり続けるのかどうかが分かんなくて。

松田:はいはい。まあダサいですもんね、普通に。

明石:で、その結果すごく失敗だったなと思っていて、結論としては2週間くらいで辞めちゃったんですよ。

松田:あー、なるほどね。

明石:そしたらそうこうしてるうちに、あのエルメスのやつ、外れちゃうとかなんとかで販売中止になっちゃったんですよ。だからなんだろうな…じゃあ最初からあっち買っておけばよかったじゃん、っていう。もう何も良いことなくて。

Hermès AirTag unavailable in any version; possible quality issue – 9to5Mac

松田:あ、そうなんですね。てか、そもそもなんでこの話が出たかってとこなんですけど…中垣とかもこれ分からん?

中垣:いや、分かるよ。ただおれはエアタグにエルメスのがあったのも知らんかったけど、普通のやつとは何が違うん?

松田:ガワがエルメスってだけやな。ただまあ「エルメスでキーホルダーを買うんならこれの方がよくね?」っていう人がいるかもしれんとはちょっと思う。

中垣:あー、まあ確かに。

エルメス カルメン ウノドス
Image: Hermès

これの構造が知りたくてバラバラにするためだけに買った話、またいずれしますね

Carmen Uno-Dos key ring – Hermès

松田:ほんで、まあ物を買うだけじゃなくて作るときとかもそうやねんけど…例えばおれはこのピアスを、もう何回もゴールドで作っては、仕上がりが気に入らんからってボツにして作り直してるわけ

明石:笑

松田:だからこれ、どう考えてもまずはシルバーで5~6回練習して、間違いなくいけると踏んでからゴールドで製作するべきやん?

中垣:うんうん。

松田:でもおれは、一回あたり2万円分の材料が必要なこのピアスのために、延々と金を買い続けてるわけ。こんなん意味分からへんやん…なんだけれども、最初から欲しい仕様通りの物じゃないと、そもそも作ろうと思えないねん。これジレンマね。

中垣:はいはい。

コトハ:「これ思ってたのと違うじゃん…」ってなっても全然いいんだよね。仕方がないというか、むしろ違った方がいいの。

松田:はいはい。

コトハ:想定したようにやって想定した通りの結果になったらそれだけの経験しか得られないけど、想定した通りにいかなくて初めて、どこでどうなったとか、それで自分がどう思ったとか、どうしたらよかったのかとかが考えられて…そっちの方がたぶんオリジナルなのよ。

松田:いやー、うんうん。そういうスタンスの方が、結果としてはより生々しいリアリティが作ったものに反映されますよね。

コトハ:そう。その生々しさを追求すると、偶然性は受け入れていくしかないんだよね。

中垣:そうですよね。

Source: commmon

c 頭で考えるだけじゃ作れないもの

松田:それでエアタグだって、「これもしかしたらしっくりこなくて着けなくなるな」って思ったらとりあえず安いやつで試してみたりするべきやねんけど、とは言え普通のやつを買ったとて「あれはあれで別かもしれん」って気持ちになって、そっちを試すまでは有りか無しかが判断できひんみたいな話ってあるわけやん。

中垣:まあそうやね。なんか…言い訳が永遠にできちゃうもんね

松田:そうそう。

中垣:まあそれはあるよなぁ。

松田:それでもまあ物を買うとかならそれでいいのかもしれへんねんけど、物を作るのであればそのアプローチってどう考えてもおかしいわけ。それで中垣とかはさ、それこそその眼鏡みたいに、スタディとしてやってみるっていうスタンスを器用にとると思うねんけど、その辺どうしたらええんかなって話

中垣:ちょっとさ、JINSでサングラスを買ってんけど…

みなと:へー。

松田:これでなんぼすんの?

中垣:5,500円にカラーレンズ代が3,300円かな。ただこれ、カラーレンズじゃない方が良かったなとは思ってて。

松田:はいはい。

中垣:なんかギーク感が欲しかって透明のフレームにしてん。それこそトム・サックスとかも着けてるけど、マッドサイエンティスト感というか…

Source: commmon

c 業界のレトリックほんま嫌い

中垣:まあ物による…と言ったらつまらんねんけど、それこそなつきに自転車買わせたときとかはさ、まずはマウンテンの完成車がいいよねって話になって、いいやつなら20~30万円は平気でするけど、とりあえずは数万円のでいいでしょって言って買ってんな。それとかも、無理してリアリティのないものを買っちゃうと、自転車はあくまで手段なのに、それが愛でる物になっちゃうわけじゃないですか

明石:はいはい。

絶対思ってない

中垣:そういう使うことが大事な物とかやと、特にリアリティが大事だと思ってて…あとは工具とかもそうやんね。

明石:だから、手段として使う物とそれ自体が目的に近い物のふたつの話がありますよね。さっきのエアタグの話だと、単純にそのまま使うものだから一番良いのを買っとけってなるんですけど…ちなみに僕は、道具に関しても一定良いのを買わないとやる気が出ないタイプなんですよ。

松田:はいはい。

明石:だから自撮り用の三脚とかも、別にうねうねした安いやつとかで事は足りるはずなんだけど、「そこはCNC削り出しが美しいアルミの…」ってなっちゃうんですよね。

松田:笑

JOBY

中垣:てか前にクラブハウスでも話してたんですけど、男はCNC削り出しに弱過ぎるんですよね笑

明石:自転車だとね、トムソンとかのヘッドパーツが好きだから。航空グレードのアルミをCNCで削り出されたら、もうそれだけでジュンってなっちゃう

中垣:笑

THOMSON USA – BLUE LUG BLOG

明石:で…なんだろうな、それを使わないとやったことにならない、みたいなのがあるんですよね。

松田:うんまあ分かるけど…だからあれやね、手段として道具的に使う物なら間違いなくリアリティが大事やと思うねん。それこそバイクやってる人が、赤い箱に入った工具フルセット100万円みたいなのを買っても、あんなんほとんどの場合はまあ使わへんやん。

中垣:そうやんね。

KTC ハイメカツールセット
Image: KTC

ハイメカツールセット – KTC

松田:あるいは逆に、それ自体が目的に近い完全にデザイヤーで買う物なら、それはそれで別にいいわけ。それはもうスペック全盛りでお願いしますって感じやん。

デザイヤーで買ってるくせにプラクティカルにそれが必要だって顔するやつ、こいつが一番の嘘つきやね

明石:ええ、ええ。

松田:それで…おれのこのピアスに関しては、こういうピアスが欲しいっていうデザイヤーから始まったことやねんけど、それを自分で作らなあかんかったっていうのがおかしいんやんね

松田:お金で物を買うときってさ、その行動の根源にはデザイヤーみたいなものがあるわけやん。でも一般的にお金の話になると、デザイヤーから切り離された数字だけの話になっちゃってて、だから元を取るとか、同じ額で購い得た他の価値と比べるみたいなことになっちゃうねんけど、デザイヤーベースで言うとそんなんどうでもいいことなはずやんな。

中垣:そうやねんそうやねん。デザイヤーの実現手段として払ったお金に関しては、それは払った以上それで終わりの話やねん。まあ確かに、例えば今日は70円の豆腐でいいやと思って買って、それがいつも食べてる100円の豆腐より大幅に不味かったらそれはムカつくよ。

松田:うんうん。

中垣:それは別にデザイヤーじゃないもん。インフラ的なお金の使い方、期待している分だけパフォームしてくれよっていうお金の使い方やから。

Source: commmon

c お金っていろいろおかしくない?

c ブランドビジネスとデザイヤー

中垣:だからそうやね、ほんまは自分で作らへんのがいいよね。それを一番綺麗に作ってくれるところに作ってもらうべきやねんな。

松田:そうやねん。そうやねんけど…でもこんなん作ってるやつ絶対におらんから、自分でやるしかないねんな。

中垣:まあそういうことやんな。

全周完璧なトーラスのピアス、作れるって方はご連絡ください

明石:うーん…例えば動画制作だったらロケハンっていう工程があるんですけど、実際に場所を見に行ってそこで撮ってみてっていう、要は峰打ちみたいな感じなんですよ。

松田:はいはい。

明石:それがあるから、本番でお金かけて撮ってもまあ外さないんですよね。そういう峰打ちだと思って練習するのは無しなんですか?

松田:ロケハンやと思えばええんか。まあ一応は肯定される気はするけど…でも一方でね、作りたいと思った時点で既に欲しいと思ってるねんな

明石:あー、なるほどね。なるほど。

松田:製作に着手した数時間後には着けていたいわけ。

中垣:まあそうやんね。

松田:だから今日はとりあえずシルバーで作って、その一週間後にゴールドで本番やりますって…いや欲しいのは今であって、一週間後なんておれは知らんねんって感じやん

明石:笑

中垣:だからやっぱり、デザイヤー的な物を作るべきじゃないとは思うね。デザイヤーは買うべき。自分で作っていいのは治具までやね。

いや、治具作ってる時点で何か作る気じゃん…

治具/ジグ(英語:jig)は、加工や組み立ての際、部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。「治具」という日本語は同義の英単語 “jig” に漢字を当てたものである。

Source: Wikipedia

治具 – Wikipedia

松田:はいはい。

中垣:家具を作るのとかだってさ、完璧を目指すともうしんどくなるやん。いくら綺麗に見えても「実はここのネジ穴だめにしてるねんな…」とか。そういうこと考え出すともう捨てたくなるもん。

明石:分かる笑 あとは松田さんみたいに物を作るということに関してなんですけど、僕は自転車がすごく好きで、サーリーとかに80万円かけるタイプなんですよね。

松田:はいはい。

中垣:あれやっぱそれくらいしますよね笑

一度も回されたことのないカプラー

BIKE CATALOG – BLUE LUG BLOG

明石:でもこれは作るまでが一番楽しいんですよね。「このパーツとこのパーツと…」って。だから作った瞬間にもう終わっちゃうんですよ

松田:やっぱりそうでしょ、あの自転車絶対に全然乗ってないですよね。

明石:うん、全然乗ってないですね。走行距離たぶん10kmもいってないです

中垣:笑

明石:だからまあ…そう考えると、逆に完成させないことの楽しさとかはないんですか?

松田:いやー…まあないかな。言うてもデザイヤーやし。

中垣:でもさ、松田は最近いろいろと自分で作ってるけどさ、世の中にそういうものがないからっていうのはもちろんあると思うねんけど、それ以外に作る楽しさみたいなのは感じてないん?

松田:作る楽しさか…まあそんなんないわな。あったら買いたいに決まってる。

明石:笑

中垣:でもさ、手を動かすことで何かしら解像度は上がってくるわけやん。「このチェーンはここがこうで~」みたいな。そういうの込みで楽しいとかはないん?

c 好きなことだけしていたいんですが…

松田:あー、まあそれはあるねんけど、でもデザイヤーとはまた別のところの喜びやねんな。

中垣:だから、それこそおれが部屋をいじるみたいに、スタディだと思いながら70~80%の完成度で作って、嫌になったらすぐ壊すみたいな、それはそれで心地良いわけやん。

松田:まあそれで言うと、そもそもこのピアスはデザイヤーきっかけ過ぎて、そっちが満たされへんとどうしようもないみたいなところがあるかな

明石:なるほどね。

松田:だからやっぱり、このピアスに関してはいったん外そうかな。

まーた素材買ってきて作り直したそうです

中垣:じゃあこれは? 完璧なトーラスをどこかに作ってもらって、耳の側を切って閉じるっていう…

明石:笑

松田:良いわけがない笑 まずもって耳の美観を損ねてまうねんな。

明石:なんかそれで言うと、僕は絶対に自分で作りたくないタイプで、人にやらせる方がいいんですよ。

松田:あー、はいはい。

明石:だから自転車の組み付けも絶対に自分ではしないんですよ。

中垣:あ、じゃあ全部お願いするんや。おれは組むのが好きで…というかそれがしたいねん。「おれは自転車を全部バラしてまた組み立てた」って思いたいねん

松田:まあでも明石さんの気持ちは分かるよ。80万円かけて作った自転車に10kmも乗らへんやつが自分で組んだら、そら絶対にモヤるよ。

明石:笑

松田:「レバーのストロークが…」とか「ボルトのトルクが…」とか、絶対にモヤモヤし続けるよ。やっぱ完成品として、工場からポンって吐き出されたくらいの感じじゃないとね

松田:同じ理由でバッテリーの交換も絶対にしたくないし、ディスプレイパネルの交換も絶対にしたくない。一度でも開けると中のパーフェクションが損なわれるやん。人の手が入るからさ。

中垣:笑 まあ人の手で組み立てられてるんですけどね。

松田:だから中国の工場で何が起こってるかはおれは知らんことになってる。

中垣:なるほどね。最初から完璧な状態で生まれてきたものなのね。

Source: commmon

c 新品を開封するのが好きじゃない

明石:あー、そうそう。僕は工場出荷状態がめっちゃ好きなんですよね。だから松田さんみたいに欲しいピアスがないってなったら、おれだったらまず職人を探すと思うんですよ。

松田:あー、はいはい。

明石:それで「こういうのをこういう材料で」ってなるんだけど、そこはなんで自分でいくんですか?

松田:まあ自分でやる方が安いというのはありますし、あとは何より、自分がやりたいことに対して自分と同じ解像度を持てる相手がいることがほとんど想像できないですね

明石:なるほどね。

松田:おれが今こだわってる部分って正直なところ、言っても誰も分からんと思うねんな。まあ ピー さんに頼んだら、あるいは全く違うアプローチで解決してくれたりはするんかもしれんけど。

中垣:じゃあ…仮にそのレベルの人が横にいたら、それはもうその人にやってもらう?

松田:うん、間違いない。これに関しては作ること自体は何も楽しくないね

明石:笑

松田:でもまあ確かに、デザイヤー的なものとスタディ自体に意味を見出して楽しめるものは、ちゃんと切り分けて取り組んだ方が良さそうに思うな

中垣:まあそうやなぁ…でもある意味ではすごいことやんね。世の中にあるものを見てそれが欲しいと思うんなら分かるねんけど、無いものに対してデザイヤーがあるってすごくない?

松田:あー、まあ確かに。

“Strive for perfection in everything you do. Take the best that exists and make it better. When it does not exist, design it.”

― Sir Henry Royce

Source: goodreads

これってそんな重い言葉だったんですね

Quote by Sir Henry Royce – goodreads

中垣:それはもう…確信やん。世の中には無いのに「あれが欲しい」って思ってるねんで。

明石視点がもうスティーブ・ジョブズだもんね

中垣:笑

2021年6月6日
Aux Bacchanales 紀尾井町

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額

このリンク先でカートに入れた商品は、その売り上げの一部が commmon に還元されます。

また「誰が、何を何と同時に購入したか」は完全に匿名化されており、「何がいくつ販売されたか」以上の情報をこちらから確認することはできなくなっています。ご安心ください。


MASH Dylan
HeaderImage: MASH

カリフォルニアの路上でスキッドをするMASHのディラン。このときのハンドルはTHOMSON製のライザーバーである。

DYLAN ON CALIFORNIA STREET – MASH