Categories
いいこと思いついた

赤坂に部屋借りたからみんな来てね

2 weeks

4 minutes read

松田:ほなちょっと場所についてね。

中垣:何から話せばいいんやろう…まあ場所を借りたんですよ

松田:最寄り駅は赤坂見附・赤坂・溜池山王、まあ便利な場所やね。

中垣:なんで借りたかやねんけど、まあ場所が欲しいねっていうのはclubroomの名前でやってたときから言ってたことで。

毎週Airbnbで部屋借りてた、アホみたいにお金かかったわ

白濱:はいはい。

中垣:それでついに借りるに至りましたよと。そこまでの文脈としてはいくつかがあるんだけど、最近ではNurture your own localの記事でも話したように、でかい話をするのもいいんだけれど、まずは身の回りの手の届くところから何かをやってみるべきなんじゃないかというか…つまり友達がいれたコーヒーが美味ければそれに金を払うとか、そういうローカルを大事にしようと

c Nurture your own local

中垣:そういうのを実現できる場所があればいいなと思って。だから用途は全然なんでもよくて、勉強をするでも仕事をするでも、暇やから話しに来るとか、お酒が飲みたければそれでもいいし、本はいっぱい置いとくからそれを読んでもいいし…そういう様々な可能性のある場所としてあればいいかなって。

松田:うん。

中垣:これが大学のときならさ、何かしら部室みたいな、半公共的な場所が誰にも普通にあったんだけれど、今やそういうのがなくなってしまっていると。そういう話もあって、物理的な場所があるのっていいことだよねって。

ジェイン・ジェイコブズ(2010)『アメリカ大都市の死と生』鹿島出版会
Image: Amazon.co.jp

ジェイン・ジェイコブズ(2010)『アメリカ大都市の死と生』鹿島出版会

ジェイン・ジェイコブズ – Wikipedia

中垣:基本的にはそんなところなんだけど…あとお金に関してはいったんは要らなくて、とりあえず向こう半年分ははおれとみなとがお金を入れてる。それまでにいろいろと使ってみて、もしその先もあったほうがいいねって話なら、それは各々思うだけを出してくれたらいい。あと何か言うことあるかな?

松田:まあやりたいことは何してもいいよ。

中垣:そう。誰のものでもないって感じやから、とにかく好きにしてくれたらいい。誰の場所とかいう感じでもないから

松田:ダサい椅子を持ち込んでも誰にも怒られない。

倉留:笑

c トム・サックスの椅子、無印で買えます

中垣:おれ個人としては怒るかもしれないけど…

松田:誰もルーラーではないってことやね。まあ…ごく個人的にムカついているという旨の表明をする可能性はあるけどね

白濱:笑

中垣:でもそれも、おれが友達の家にある椅子をダサいって言うのと同じ理屈で言う。

松田:いや、それもあかんねんで?

みなと:笑

中垣:だから、権利としてではなく一意見として言うって感じやね。

松田:まあ部屋で火事とか出されたら借主であるみなとが困るから、そういうのはよくない。

みなと:それくらいは守ってほしいね。

中垣:だからこう、とにかくみんなに使ってほしくて、だから用途はなんでもいい。誰かが全然知らんやつを連れてきて宴会をするでも、とりあえずはいい

みなと:うん。

中垣:それで困ることがあれば、それはそのときに考えればいい。最初からルールを決めていくと何もできなくなるから。

次郎:判例主義だね。

中垣:そう、スタンスはカリフォルニア州でいかしてもらいます

シェアリングの新顔「キックスケーター」に、米西海岸の街は大混乱 – WIRED

松田:カリフォルニアをなんやと思ってるねん。

山本:笑

白濱:中垣はいったんは何をしようと思ってるの?

中垣いったんはそこで仕事をしようと思ってるのと、しばらくは commmon もそこでできればと思ってます。あとは自転車の工具を置くとか…

松田:おれもジュエリー周りの工具を置こうかなとは思ってる。

中垣:あとは松田が本を持ってるから…

松田僕の本は全部そこに置こうかなって感じ

みなと:まあ誰かしらは常にいるようにしようと思ってるので、仕事終わりに夕飯食べにきてもらってもいいし。

松田:だからさ、今確実に人がいるってことを確認できる仕組みがあればええんやけどね。

白濱:じゃあみんなでゼンリーやる?

松田:嫌やなぁ…

分かるページ作りました

c Who is there @事務所 ?

中垣:あとは河東とかがね、服をいっぱい持ってるけど着てなかったりするから、それを置いておいて、着たい人が着られるようにしてもいいよね

次郎:あー、なるほど。

松田:おれは手元でダブつかせてるジュエリーをひとしきり置いておこうかな。勝手に売らへんかったら、好きに着けてくれていいよ。

山本:あー。

中垣:なんか何かしらできる気はしていて…だからもはや、commmon っていう名前がなくてもいいくらいの場所やと思ってほしい。ローカルな場所っていう、それだけ

次郎:いいね。

白濱:アフロディーテギャングってことですね。

中垣:そうですよ。レペゼンしないとダメなんですよ。

みなと:じゃあ今度シンエヴァ上映するわ。次郎観たいって言ってたけど、まだ観てないんでしょ。

次郎:そう、あの記事を読みたいがために観たいみたいなところがある笑

c シン・エヴァンゲリオンの本質を、8つの観点から徹底的に解説します

松田:あれやな、共有カレンダーを作って、各自がやることをポンポン入れられるようにしたらいいよな。「なんかみなとが上映会するらしい」みたいな。

中垣:とりあえずはそんな感じかな。いずれ近いうちに、これまで来てくれた人全員が集まる日を設けたくはあるよね。どうせみんな友達の友達なんだし、これもひとつのコミュニティーだよってことで。

白濱:なるほどね。

中垣:じゃあちょっとおれは、ビックカメラにiPhoneを買いに行きたいからこの辺で…

松田:あー待って、おれも行く。

「MNP 一括 1円」でツイッターで調べてください

2021年9月12日
Aux Bacchanales 紀尾井町

この記事をお楽しみいただけた場合、ワンクリックで支援することができます。

任意の金額

このリンク先でカートに入れた商品は、その売り上げの一部が commmon に還元されます。

また「誰が、何を何と同時に購入したか」は完全に匿名化されており、「何がいくつ販売されたか」以上の情報をこちらから確認することはできなくなっています。ご安心ください。


Image: commmon

赤坂の部屋に置いている本棚。本を持ち込んだ人ごとに色の違うシールを背表紙に貼っています。
あともちろんですけど、持ってる本全部読んだのかって言われるとそんなことあるわけないし、それを持ってることを知られるとなんか嫌だなって本は事前に捨てました。